楽天経済圏

「iSPEED」と「積立でポイント」。子育て世代の楽天証券の活用法

証券口座というと、株のトレーダーなどを思い浮かべる方も多いかと思います。

子育て世代の私にとって、株の取引以外にも実に便利なサービスを提供してくれるのが「楽天証券」です。

子育て世代の私が感じた「楽天証券」のメリット
  • 日経新聞の記事を無料で読める
  • 積立でポイントが獲得できる

今回は、私が特に気に入っている楽天証券のサービス「iSPEED」と「積立でポイント」を詳しく解説します。

日経新聞の記事が無料。「iSPEED」の注意点

楽天証券が提供している「iSPEED(iPhone版)」は、「日経テレコン」と言う日経新聞の記事を無料で読めるサービスに対応しています。

しかも、楽天証券は無料で口座開設・維持できます。もはやこの「日経テレコン」だけのために、楽天証券の口座位を開設してもいいレベルです。

意外な落とし穴「iSPEED for iPad」

楽天証券「iSPEED」にはiPad版とiPhone版があり、それぞれ別のアプリです。したがって、両者の使い心地はだいぶ異なってきます。

「iSPEED for iPad」の特徴
  • 大きな画面を生かした情報の一覧性 (頻繁な売買、チャートの見比べに便利)
  • 情報量が多いので、長期保有の積立投資だけでいい場合、画面がゴチャゴチャする
  • 日経テレコンに非対応

逆に、iSPEED (iPhone版)は情報がコンパクトにまとまっており、iPadでも「iSPEED (iPhone版)」を利用することができます。

日経テレコン目的で、iPadで「iSPEED (iPhone版)」を利用するのも大いにアリです。

「iSPEED for iPhone」は起動画面をカスタマイズを

iSPEEDは、iPad版ほどではないものの、初期設定では「起動時の画面がゴチャゴチャ」という印象です。

インストール直後のiSPEEDアプリ起動時の画面には、日経平均・TOPIXなどのチャート、今日のニュースなど、多くの情報が表示されています。が、私の場合正直「投資信託の評価額」がわかりゃいいんですよね。

iSPEED for iPhoneで投信の保有額を知るには

  1. 「メニュー」
  2. 「ログイン」
  3. 「メニュー」
  4. 「総合サマリー」
  5. 「株式投信」

と進むとようやくみることが出来ます。が、さすがにこれはステップが多すぎ。

そこで、すぐに資産評価額がわかるように、iSPEEDのアプリ起動時の画面をカスタマイズしてみました。操作は、右上の鉛筆ボタンから行います。

  1. 「株式投信」メニューの追加
  2. 「ログイン」ボタンの追加
  3. チャートやニュースを消す。

というカスタマイズを行い、起動時の画面に「資産の評価額」のみを表示されるようにしました。シンプルで見やすく、非常に満足しています。

強いて言えば、起動時の画面に「日経テレコン」へアクセスできるボタンを設置できれば良いのですが、コチラは未対応。今後の対応に期待したいところです。

楽天証券の「投信つみたて」ポイントの最適解は?

楽天証券の最大のメリット、それは「楽天カード決済で投資信託の毎月つみたてができる」と言うことでした。毎月50,000円までの決済で最大毎月500ポイントが取得できました。

吹き荒れる「改悪の嵐」

投資信託のつみたてでポイントが付与されるだけでなく、楽天市場のSPU(スーパーポイントアップ)が「+1%」ということで、非常にオトクな制度でした。

しかし、2022年4月1日以降、「マネーブリッジ設定と合計30,000円以上のポイント投資で +0.5%」という改悪になってしまいました。

さらに、2022年9月以降投信つみたてのクレカポイント付与率が改悪されることになりました。人気の投資信託である「eMAXIS Slim 全世界株式」の場合、ポイント付与率は0.2%という大幅減です。

救済措置。「楽天キャッシュ決済」による投信つみたて

散々改悪が重ねられた「クレジットカードによる投信つみたて」ですが、救済措置として新たに設けられたのが「楽天キャッシュ決済による投信つみたて」です。

  1. 「楽天カード」から「楽天キャッシュ」へチャージ (0.5% ポイント還元)
  2. 楽天キャッシュを利用して投信つみたて(2022年限定で 0.5%ポイント還元)

以上 0.5 + 0.5 = 1.0%還元を実現しています。

ただ、楽天キャッシュでの投信つみたてで1.0%還元を受けられるのは「2022年限定」なので注意が必要です。

まさかの大還元も?「楽天ギフトカード」

改悪続きでガックリきていた楽天経済圏界隈で、にわかに盛り上がりを見せたのが、「楽天ギフトカード」の登場でした。

楽天ギフトカード(バリアブル)

コンビニなどで購入できるいわゆる「POSAカード」なのですが、従来から「楽天ポイントギフトカード」というものも存在していました。

  • 2022年5月まで 「楽天ポイントギフトカード」→「期間限定ポイント」で受け取り
  • 2022年6月以降順次「楽天ギフトカード」→「楽天キャッシュ」で受け取り

という違いがあります。

この「楽天キャッシュ」と、ファミリーマートのキャッシュレス決済「ファミペイ」を組み合わせます。

  1. 楽天銀行デビットカードでファミペイチャージ (20,000円上限、1.0%還元)
  2. ファミペイで「楽天ギフトカード」を購入 (0.5%還元)
  3. 楽天ギフトカードで楽天キャッシュを受け取り
  4. 楽天キャッシュを利用して投信つみたて(2022年限定で 0.5%ポイント還元)

この組み合わせなら、金額・期間限定ではあるものの「2.0%還元で投信つみたて」が可能ではと考えています。

楽天キャッシュでの投信つみたては2022年6月19日から受付なので、この方法が実際可能なのか、あらためて記事でご報告します。

まとめ:日経新聞を読めて、ポイントも貯まる楽天証券

このように、楽天証券の「iSPEED」アプリを使えば日経新聞の記事が無料で読めますし、投信つみたてでポイント獲得も可能です。

アクティブに資産運用をしないと言う方にも、この2つだけでもメリットが大きいのではないかと思います。

と、ここまで楽天証券の話題をしてきましたが、これから証券口座を開くなら「SBI証券」の方が実はオススメです。証券会社の比較は別記事でまとめておりますので、証券口座に迷っている方は、ぜひ参考にしてください。