au経済圏

サブバンク利用の方へ。楽天銀行 vs auじぶん銀行サービスを比較しました

ネット銀行としてオススメされることの多い「楽天銀行」。ですが、au経済圏の中の「auじぶん銀行」かなり頑張っています

一方で、現代ではかなり「ネット銀行」も認知されてきましたが「給与振込先・家賃引き落とし先に使えない」というケースもまだあります。

そこで、今回は「基本的にはサブバンク利用」という目線で「楽天銀行」と「auじぶん銀行」を比較してみました。ターゲットとしてはこんな方です↓。

  • メインバンクは「ゆうちょ銀行」「メガバンク」などを利用
  • サブバンクとして「楽天銀行」「auじぶん銀行」を検討している
  • 利用方法としては、「高い預金金利が目的」「たまにATMで入出金

「楽天銀行」も「auじぶん銀行」も実際に使った私が、導き出した結論としては、こちらのようになります。

結論

銀行単体のサービスで見れば、auじぶん銀行は「楽天銀行と同等以上」のサービスです。

2022年4月1日から改訂される「じぶんプラス」の内容もカバーしていますので、auじぶん銀行や楽天銀行を検討されている方は、参考にしてください。

新旧「じぶんプラス」の出金手数料比較

auじぶん銀行は、2022年4月1日から優遇制度「じぶんプラス」を改訂すると発表しています。

新「じぶんプラス」改訂のポイント
  • ステージが5段階 → 4段階へ
  • 取引に応じて「Pontaポイント」が付与される
  • ステージ判定条件の変更

新「じぶんプラス」では「給与振り込み口座へ設定」「口座振替」などの設定をすることで、よりお得になります。メインバンクとして使って欲しい、という意図ですね。

しかしサブバンク目的の場合、「預金」「たまのATM入出金」の2つが主な用途になります。

そこで、新旧制度で

  • 「純資産残高」に応じて
  • 新旧じぶんプラスの「ステージ判定」がどうなり
  • ATM「出金手数料の無料回数」がどう違うか

という部分にしぼって比較してみました。

ATM出金手数料の無料回数比較

総資産残高(旧)じぶんプラス(新)しぶんプラス
1,000万円以上じぶんプラス5
月11回
プレミアム
月15回
300~
1,000万円未満
じぶんプラス5
月11回
ゴールド
月10回
100~
300万円未満
じぶんプラス4
月8回
ゴールド
月10回
50~
100万円未満
じぶんプラス3
月4回
レギュラー
月2回★
10~
50万円未満
じぶんプラス2
月3回
レギュラー
月2回
10万円未満じぶんプラス1
月0回
レギュラー
月2回
★定期預金残高1円以上で「シルバー(月5回)」へランクアップ可能です

「預金残高が10万円未満」の方にとっては、ATM出金手数料の無料回数が0→2回へ増えるので、ありがたい改定と言えます。

それ以外の方にとっては、ケースバイケースになります。若干手数料の無料回数が減るパターンもありますが、大幅な改悪ではない状況です。というのも、

(新)じぶんプラスでは、「預金残高50万円以上」+「定期預金残高1円以上」で「シルバー(ATM月5回無料)」になります。

単純に「預金残高」で新旧を比較すると表のようになりますが、簡単に高いランクに上がれるという点では改善といえますね。

楽天銀行 vs auじぶん銀行 優遇制度比較

ここからは、楽天銀行の優遇制度「ハッピープログラム」と、先ほどあげたauじぶん銀行「(新)じぶんプラス」を比較していきます。

ATM入出金手数料の無料回数

ATMの利用回数については

  • 楽天銀行は「入金+出金の合計回数」
  • auじぶん銀行は「入金」と「出金」は別カウント

という違いがあります。

それでは実際に、ATMの無料利用回数を比較してみましょう。

ATMの無料回数比較

総資産残高楽天銀行
ハッピープログラム
auじぶん銀行
(新)しぶんプラス
1,000万円以上スーパーVIP
月7回
プレミアム
入 無料
月15回
300~
1,000万円未満
スーパーVIP
月7回
ゴールド
入 無料
月10回
100~
300万円未満
VIP
月5回
ゴールド
入 無料
月10回
50~
100万円未満
プレミアム
月2回
レギュラー
月2回
出 月2回
10~
50万円未満
アドバンスド
月1回
レギュラー
月2回
出 月2回
10万円未満ベーシック
月0回
レギュラー
月2回
出 月2回
★定期預金残高1円以上で「シルバー(月5回)」へランクアップ可能です

「50~100万円未満」の残高の場合には両者で互角になりますが、それ以外の預金残高ではauじぶん銀行の方がATMの無料利用回数は多くなります

振込手数料の無料回数

auじぶん銀行の利点が特に目立つのが「振込手数料」の無料回数です。

振込手数料の無料回数比較

総資産残高楽天銀行
ハッピープログラム
auじぶん銀行
(新)しぶんプラス
1,000万円以上スーパーVIP
月3回
プレミアム
月15回
300~
1,000万円未満
スーパーVIP
月3回
ゴールド
月10回
100~
300万円未満
VIP
月3回
ゴールド
月10回
50~
100万円未満
プレミアム
月2回
レギュラー
月3回
10~
50万円未満
アドバンスド
月1回
レギュラー
月3回
10万円未満ベーシック
月0回
レギュラー
月3回
★定期預金残高1円以上で「シルバー(月5回)」へランクアップ可能です

全ての預金残高において、auじぶん銀行の回数が多いです。特に楽天銀行の「スーパーVIP」とauじぶん銀行の「プレミアム」は「3 vs 15」と大差がついています。

銀行振り込みが多い方は、「auじぶん銀行」を選ぶメリットは大きいです。

楽天銀行 vs auじぶん銀行 その他サービス比較

証券会社との連携

「経済圏」サービスで囲い込むのに大事なのは、サービス同士の「連携」です。

楽天もauも「銀行と証券」の連携サービスが用意されています。

楽天銀行auじぶん銀行
連携証券会社楽天証券auカブコム証券
連携サービス名称マネーブリッジauマネーコネクト
普通預金の特典金利0.1%0.1%
銀行・証券自動入出金

楽天銀行の「マネーブリッジ」が何かと取り上げられますが、「auマネーコネクト」は全く遜色ないサービスといえます。

細かいサービスの比較

その他、細かいサービスで私が気になっているのは、この2つです。

楽天銀行auじぶん銀行
定期預金
2021年
冬キャンペーン金利
0.1%
(他行からの振込資金限定)
0.2%
ATM入金30,000円未満で手数料発生金額による手数料発生なし

「メガバンクの〇〇倍の預金金利!」とPRされる楽天銀行ですが、キャンペーンを利用した場合、預金金利はauじぶん銀行の方が高いです。

また、楽天銀行は例えATMの無料利用回数があっても「30,000未満の入金で手数料が発生」というデメリットがあります。

高い預金金利が目的」「たまにATMで入出金」というサブバンク目的の場合、auじぶん銀行の方がメリットが大きいです。

アプリ・Webサイトの使い心地

これは完全に個人的な主観になりますが、楽天銀行・auじぶん銀行のアプリ・Webサイトの使い心地は、このような印象です。

  • 楽天銀行 … アプリのデータ再読み込みが多く、ちょくちょく待たされる
  • auじぶん銀行 … アプリはオシャレなデザインだが、とにかく動作が重い。Webサイトは見やすく、動作も軽く好印象。

とは言え、他の銀行では「デザインも良くないのに、動作が重く、見にくい」なんてものもあります。「銀行系のアプリ」の中では両行とも優秀ですが、「スマホアプリ」としてみるともうちょっと頑張って欲しい印象です。

まとめ:あまり目立たないが、auじぶん銀行は「結構優秀」

ここまで、比較的PRされることの多い「楽天銀行」と、「auじぶん銀行」を比較してきました。

比較的地味な印象の「auじぶん銀行」ですが、サービス単体で見れば「楽天銀行」と同等以上のサービスです

auじぶん銀行は、この春「じぶんプラス」サービスを改訂します。サブバンク目的の場合はそこまでメリットは大きくないですが、各種取引を行うことでPontaポイントが付与されるなど「メインバンクとして使って欲しい」という意図が感じられます。

「楽天銀行」を検討されている方も、ぜひ「auじぶん銀行」も候補に入れてみるのも良いかと思います。