アプリ

楽天証券「iSPEED」で日経新聞を無料で読み、つみたてで楽天ポイントをゲットする話

口座開設数が順調に増加しており人気の「楽天証券」。楽天証券のサービスを利用するときに便利なアプリが「iSPEED」です。

楽天証券やiSPEEDは便利なサービスがあり、無料で日経新聞の記事を読むことができたり、投信つみたてでポイントをゲットできたりと、頻繁に株取引をしないような方にもメリットがたくさんです。

今回は、私が特に気に入っている「楽天証券」および「iSPEED」の使い方を紹介します。

楽天証券のアプリ「iSPEED」

意外な落とし穴も「iSPEED for iPad」

楽天証券「iSPEED」には、iPad版とiPhone版があり、それぞれ別のアプリです。したがって、両者の使い心地はだいぶ異なってきます。

「iSPEED for iPad」は大きな画面を生かした情報の一覧性がメリット。

・頻繁に売買をする方
・様々なチャートを見比べたい方

そんな方にはオススメできますね。

逆に、長期保有の資産運用がしたい、と言う方にとっては、ちょっと画面がゴチャゴチャしているかもしれません。

また楽天証券では「日経テレコン(楽天証券版)」という日経新聞の記事が(一部制限があるものの)無料で読めるサービスがあります。

しかし、「日経テレコン」はiPad版のアプリでは非対応なのも気になる点です。

iPadで「iSPEED for iPhone」を利用のもアリ

「iPhone版のiSPEED」は、「日経テレコン」と言う日経新聞の記事を無料で読めるサービスに対応しています。

もはやこの「日経テレコン」だけのために、楽天証券の口座を開設してもいいのではないか、と言うレベルです。口座開設も無料ですし。

iPad版と比べれば画面もコンパクトにまとまっており、日経テレコンにも対応しているiPhone版のiSPEED。

iPadでも「iSPEED for iPhone」を利用することができます。

画面の見やすさや、「日経テレコン」の利用を考えると、iPhone版のアプリをiPadで使用するのも、全然アリですね。

「iSPEED for iPhone」は起動画面をカスタマイズしたい

iSPEEDは、初期設定では「起動時の画面がゴチャゴチャしているな…」という印象がありました。

インストール直後のiSPEEDアプリ起動時の画面には、日経平均・TOPIXなどのチャート、今日のニュースなど、多くの情報が表示されているからですね。

私の場合、楽天証券は長期の資産運用のために利用しています。極論、資産の評価額が分かればいいレベルです。

iSPEED for iPhoneで投信の保有額を知るには

「メニュー」
「ログイン」
「メニュー」
「総合サマリー」
「株式投信」
と進むとようやくみることが出来ます。

が、さすがにこれはステップが多いです。

iSPEEDはアプリ起動時の画面をカスタマイズできます。起動時の画面に資産の評価額が表示されれば、私の場合非常に便利。

アプリ起動時の画面をカスタマイズするには、右上の鉛筆ボタンから行うことが出来ます。

  • 「株式投信」メニューの追加
  • 「ログイン」ボタンの追加
  • チャートやニュースを消す。

ということが可能になります。

私は起動時の画面に「資産の評価額」のみを表示していますが、シンプルで見やすく、非常に満足しています。

強いて言えば、起動時の画面に「日経テレコン」へアクセスできるボタンを設置できれば良いのですが、コチラは未対応。今後の対応に期待したいところです。

楽天証券は「楽天カードクレジット決済」で投信つみたてできる

楽天証券と楽天カードを使う個人的な最大のメリット、それは「クレジット決済で投資信託の毎月つみたてができる」と言うこと。

毎月50,000円までクレジットカードで決済でき、100円で1ポイントの楽天ポイントが付与されます。

つまり最大で毎月500ポイントが取得できます。

クレジットカードで投資信託を購入できる証券会社は他にもありますが、還元率1%の楽天は頭ひとつ抜けた存在です。

何円のつみたて設定が最適解なのか考えた。

では、毎月50,000円積み立てるのが最適解か、というと単純にそうはいきません。

ここは年間40万円のつみたてNISA枠もうまく組み合わせていきたいです。

また、楽天証券でポイントを使って投資信託を購入するとポイント+1倍になるSPUも視野に入れておきたいです。

以上を踏まえて、私の最適解としては「毎月49,900円ずつ積み立てする」ではないかと考えています。

つみたてNISA枠の使い方

「つみたてNISA」は、年40万円まで投資枠が非課税となる制度です。

投資対象は金融庁に届け出のあった投資信託とETFに限られますが、長期でつみたて投資をする場合には、逆にピッタリの商品チョイスになります。

つみたてNISAは年40万円までなので、月額に直すと 40 ÷ 12 = 33,333円になります。まずは、この枠を最大限活用します。

つみたてNISA枠を使って月々33,333円ずつ積み立てます。

残りの購入枠はSPUを意識

つみたてNISAを購入した残り、50,000 – 33,333 = 16,667円分を通常の積み立てで購入すればいいのですが、ここで気をつけたいのがSPU

SPUの対象となるには「楽天証券でポイントを使って投資信託を購入」すれば良いので、極論1ポイントでも投資信託の購入に利用すれば、SPUの対象になります。

しかし、「16,667円分のうち1ポイントを割り当てる」と言う設定はあまり美味しくありません。

と言うのも、クレジット決済される金額が「50,000円 – 1ポイント = 49,999円」になるので、付与されるポイントが「499ポイント」になってしまうからです。

99円分にはポイントがつきません。それならばいっそ、49,900円で決済しておくとポイント的な無駄がないです。

まとめ:日経新聞を読めて、ポイントも貯まる楽天証券

このように、楽天証券の「iSPEED」アプリを使えば日経新聞の記事が無料で読めますし、楽天カード+楽天証券でつみたて設定を行うことで、毎月楽天ポイントももらえます。

アクティブに資産運用をしないと言う方にも、この2つだけでもメリットが大きいのではないかと思います。

ぜひ、証券会社の選択の参考にしてください。

著:ダイヤモンド・ザイ編集部
¥1,144 (2021/05/29 14:45時点 | Amazon調べ)