Apple

Apple AirTagをついに購入。Belkinケース、エレコム保護フィルムもレビュー。

噂だけが先行していたAppleの紛失防止デバイス「AirTag」。発売から半年以上が経過しましたが、ついに購入してみました。

また、購入に際して「AirTag・MAMORIO・Tileの性能比較」をしてみましたが、その上でAirTagの購入に至った理由もお話しします。

結論

AirTagは世界中のAppleユーザーが探し物を手伝ってくれるので、安心感はかなり増すガジェットです。

Apple(アップル)
¥3,800 (2021/05/29 14:27時点 | Amazon調べ)

事前調査:AriTag、MAMORIO、Tileの比較

MAMORIO、Tileについて、AirTagと近い価格帯のモデルを比較してみました。

AirTagMAMORIOTile Mate
(2020)
商品サイズ(mm)31.9×31.9×835.5×19×3.535×35×6.2
防水機能防水(IP67)なし防滴(IP55)
スピーカーありなしあり
商品重量11 g3 g6 g
バッテリーCR2032リチウム電池
(有償交換)
CR1632
電池寿命1年以上約1年約1年
価格(税込)3,800円2,728円2,480円
専用アプリ不要必要必要

MAMORIO、Tileと比較して、AirTagはこんな特徴があります。

  • 高い防水性能(IP67)
  • スピーカー内蔵
  • バッテリー交換可能
  • 世界中のAppleデバイスが、AirTagを探してくれる

MAMORIOならMAMORIOのユーザー同士で、TileならTileのユーザー同士で、なくしものを探してくれます。

ユーザー同士で探してくれるのはAirTagも同様ですが、AirTagの場合ユーザーは「世界のApple製品ユーザー」になり、その数はMAMORIOやTileより「はるかに多い」です。

これらのメリットを考えて、今回AirTagを購入してみました。

(今さらですが)AirTagを開封してみました

近年のApple製品に共通していますが、AirTagもパッケージは非常にコンパクトです。

パッケージを開封すると、注意書きが書かれた用紙と本体というシンプルな構成です。

本体は紙のパッケージで梱包されていました。

  1. パッケージから取り出す
  2. 絶縁フィルムを引き抜く
  3. 手持ちのiPhoneでワンタップ

これだけで設定が完了します。相変わらず、Apple製品同士の親和性高さは素晴らしいですね。

つくりのいい「Belkin AirTagケース ストラップ」

Appleの純正ケースは毎回非常に質感がよく、所有する満足感が得られる一方で、正直お値段は5,000円近いものも。

今回は、長くApple製品のアクセサリを販売しておりAppleストアでも取り扱いがある会社、Belkinのケースを購入しました。

今回購入したのはコチラのケース。色は複数ラインナップされていますが、私はブルーを選びました。

パッケージは非常に丁寧ですが、紙をうまく使って梱包しているあたりに、Appleと思いが近い部分を感じます。

パッケージの裏側には、装着方法が記載されています。別に取扱説明書を用意する必要がない、という点で環境に配慮しているのでしょうか。

パッケージからケースを取り出してみました。目立つバリなどもなく、非常に丁寧な作りです。

AirTagのケースはそれこそ100円ショップでも販売されています。しかし、毎日使う持ち物に取り付けるならコチラのような作りのいいケースの方が、バリで手を引っかいてしまうこともなく、所有する満足感も高いですね。

かなりの貼りにくさ「エレコム AirTagフィルム フルカバー」

保護フィルムには、これまでiPadやiPhoneでお世話になってきたエレコムの製品をチョイスしてみました。

パッケージはコチラ。表裏それぞれ2枚で2セット入っているのは、ありがたいところ。

製品は「白色側」「銀色側」に分かれており、半分になった剥離シートを順番に剥がしていけばキレイに貼れる…、ハズだったんです。

ところが、曲面にピッタリ貼り付くために、フィルムが非常に柔らかくできており、剥離シートを剥がすと保護フィルムが丸まってしまうなど、取り扱いに大苦戦。

位置合わせの目印もないため、苦戦しているうちに、フィルム内に気泡が入ってしまいました。

しかも、ヘラで気泡を抜こうとしたら、今度はフィルムがベリッと一部破れてしまいました。

幸い破れ箇所は小さかったので、そのまま使用する予定です。iPadなどの平面用のフィルムを貼った経験がある方も、AirTag用は貼り付けが非常に難しい、と思って取り組んでもらった方がいいですね。

実際に使ってわかった2つのこと

迷子の追跡には使えない?

子育て中の方にとって気になるのは、AirTagが「迷子の追跡」に使えるか、ということ。

えびふらい

広いショップで迷子になった時、AirTagで追跡できたら便利そうですが…

ところが、Appleが発表したリリースには、

ユーザーがiOSデバイスを持っていない場合でも、持ち主から離れて一定の時間が経ったAirTagは、移動した時に音を鳴らして注意を促します。

Apple Newsroomより

といったような記載がありました。

実際に購入して使ってみたところ、確かに子どもに持たせれば「迷子トラッカー」として使えなくもありません。しかし、悪い人に捕まってAirTagの電池を抜かれたら…、と考えると頼りないところです。

AirTagはやはり「モノ」に対して取り付けるガジェットですね。子ども用に使うにしても、帽子や鞄などの紛失防止に使った方が良さそうです。

Apple Watch単体ではAirTagを探せるが…

先日購入したApple Watchですが、Apple Watchにも「持ち物を探す」アプリが用意されています。

Apple Watchでも「AirTag」を探すこと自体は可能です。

一方でApple Watchの「持ち物を探す」アプリは「正確な場所を見つける」機能は非対応です。UWB(Ultra Wide Band)を使って、「持ち物のある方向」を探す機能ですね。

Apple Watch Series7は「U1チップ」を搭載しており、デバイス能力的には十分「正確な場所を見つける」機能を追加することは可能かと思います。今後のソフトウェアアップデートに期待したいところです。

「活躍しないことが一番」。安心感は大幅増。

今回AirTagを購入してみましたが、自分でテスト的に「探す」アプリを使った以外では、今のところ活躍するシーンは自分の中ではありません。

一方で「探す」際の手がかりがある、という安心感はかなり増えました。手頃な値段で購入できますので、「とりあえず買って試してみる」のにも向いたガジェットといえます。

Apple(アップル)
¥3,800 (2021/05/29 14:27時点 | Amazon調べ)

情報元:Apple