Apple

M1Pro/Max MacBook Proリリースの今考える、「Macで出来ること」

在宅での授業や仕事が増えたことで、iPadユーザーでも「Macが欲しい」という方が着実に増えています。

一方で「Macが欲しいが、Macで何ができるかよくわからない」という方もまた、多い印象です。

そこで、脅威のモンスターマシンである「M1Pro/Max MacBook Pro」がリリースされた今あらためて、「Macで出来ること」を再考してみました。

M1 Pro/Max搭載で2倍速くなった「MacBook Pro」。筐体も大幅刷新(PC Watch)

結論としては、「絵を描く・メールに返信する・写真をレタッチする」といった、単一の作業ならiPadでもかなりの部分こなせるようになりましたが、「複数アプリ・複数ファイルを駆使して、クリエイティブ(創造性)を発揮するなら、やはりMac」ということになります。

「iPad」「Mac」それぞれで出来ることを整理してみた

かつての「Macじゃないとできないこと」は、iPadでもかなりの部分こなせるようになってきました。

イメージにすると、↓のような具合になります。

「iPad」「Mac」で出来ることを整理すると、以下の3パターンに分かれます。

iPad「でも」できること
  • Microsoft OfficeがiPadに対応
  • Adobe Photoshop・IllustratorのiPad版がリリース
  • 「ファイル」アプリによる、ファイル/フォルダ/外部ストレージの操作
  • LumaFusionアプリによる本格的な動画編集
  • 外部入力デバイス(マウス/トラックパッド/キーボード)の利用
  • Swift Playgroundsでアプリを開発
  • Apple同士のシームレスな連携
iPad「だけ」できること
  • Apple Pencilによる操作
  • 5G/4Gモバイルデータ通信
Mac「だけ」できること
  • マルチウインドウでの操作
  • Final Cut ProなどのMac専用のプロフェッショナル向けソフトウェア
  • 自由なファイル操作・管理

こうしてみると「Macを購入しないとできない作業」は非常に限られていることがわかります。

Macは「複数の」アプリ・ファイルを駆使することがポイント

「文書作成」「動画編集」と言った一つ一つの作業に関して言えば、iPadはかなりのことができるようになりました。

一方で、iPadとMacに残る最大の違いは「複数のアプリ・ファイルを使いこなして、新しいものを生み出す」というところにあると考えます。

  • iPad → 基本的には単一のアプリを使って、単一の文書・画像ファイルを生み出す
  • Mac → 複数のアプリを駆使して、新しいものを生み出す

私はMacでブログを作成しており、

  1. Lightroomでアイキャッチ画像を作成する
  2. テキストエディットで文章を作成する
  3. Google Chromeで参考資料を調べる

と言ったことを並行して行っています。画像や文章それぞれを調整しながら「ブログ記事」というものを作り出していくイメージですね。

ブログ記事作成の中で「画像を編集する」「テキストを書く」「ブラウザで調べる」と言った一つ一つのことはiPadでも可能です。しかし、それら3つを組み合わせながら「ブログ記事を生み出す」には、やはりMacの方が便利です。

YouTubeへ動画を投稿するケースを考えてみても「サムネイル画像を作成する」「動画を編集する」「ブラウザで調べ物をする」と言った具合に、複数のファイル・アプリの連携はかかせません。「連携」となると、どうしてもMacを使った方が便利になってきます。

単純にカッコいい、も立派な理由だと思う

そして、Macを使う理由としてもう一つ「単純にMacを使っているのが、カッコ良さそう」というのがあっても、私は全然いいと思っています。

Macを買って触ってみてはじめて「動画編集をしたい」「ブログを作ってみたい」という意欲が湧いてくることだって、当然あり得ます。それを含めて「創造性」を発揮してくれるのが「Mac」だと、私は思っています。

ただ、先日リリースされたM1 Pro/MAXのMacBook Proは、多くの方にとってはオーバースペックで、昨年発売されたM1 MacBook Airで大多数の人のニーズは満たせるスペックです。もし、この機会にMacを購入しようと検討中の方は、M1 MacBook Airを軸に考えてみてください。