ガジェット・家電

思わぬ落とし穴も!?アイリスハイブリッド加湿器PH-UH35レビュー

空気が気になる昨今、冬場は空気がカラカラになる昨今。洗濯物を部屋干しして誤魔化していたんですが、あまりの乾燥に肌もカサカサに。そんな経緯で加湿器を導入することにしました。

購入したのは、お買い得家電でもおなじみ、アイリスオーヤマ製。ハイブリッド加湿器 PH-UH35という型番です。

一般的に加湿器には、大きく分けて3タイプあります。

メリットデメリット
気化式電気代が安い本体サイズ、運転音大
加熱式雑菌が増えにくい電気代が高い
超音波式電気代が安い雑菌が増えやすい

このほかに、「加熱式」と「気化式」を組み合わせた「ハイブリッド式」があります。しかし、アイリスオーヤマのこの加湿器は「超音波式」と「加熱式」を組み合わせたハイブリッド式です。

「ハイブリッド式」に厳密なルールはないため、2つの方法(ハイブリッド)ならば「ハイブリッド式」としているんですね。この点注意が必要です。

方式1方式2
一般的な「ハイブリッド式」気化式加熱式
PH-UH35超音波式加熱式

PH-UH35の基本的な特徴としては「超音波式」と同じです。

ちなみに:気をつけたい「加熱式」の表記

「加熱式」単独の表記がある場合は、水を100℃以上に加熱して加湿する、という機種になります。水を高温まで加熱する分、雑菌が増えにくい訳です。

ところが、「ハイブリッド式」に含まれる「加熱式」というのは、水を少し温める程度になります。加湿器から出てくる空気は温かいわけではないですし、本体の定期的なメンテナンスが必要です。

PH-UH35の正直な感想

PH-UH35ですが、ベースは超音波式ということで、消費電力は非常に小さいです。目安の消費電力は加熱式と比べてダントツです。それでいて、我が家の10畳間でも加湿能力に不満はありません。

消費電力
(最大)
適用床面積
(木造和室)
ハイブリッド式
(PH-UH35)
40W約6畳
加熱式加湿器
(SHM-120R1)
100W約2畳

一方で、定期的に掃除する必要があること、床がビショビショになることは、デメリットに感じました。特に床が濡れるのは想定外でした。

超音波式の場合、水を気体(水蒸気)にするというよりは、水を細かい霧状にする、という表現の方が近いです。つまり、「水蒸気」ではなく「水」を放出しているので床が濡れやすいわけですね。

ヒーターもそこまで強力なわけではないので、出てくる霧も冷たいです。

また、霧を本体近くへ噴霧するという特性上、本体についている湿度計は常に高めの値になります。したがって、本体の湿度計は全く当てになりませんので、湿度計は別に購入して、湿度計の値を見ながら出力をコントロールした方がいいです。

と、いうことで気になる点はありましたが、我が家では買ってよかったと思っています。使い方に一癖ありますが、加湿能力が高くランニングコストが安い加湿器、というのが私の結論です。

購入は各種ECサイト、もしくはアイリスプラザからどうぞ。アイリスプラザの方が、比較的在庫は潤沢なようです。