家電

タイガー圧力IH炊飯器 炊きたて ご泡火炊き JPI-A100レビュー。コスパ◎の良機。

おいしいご飯が食べたい!ということで、炊飯器を買い換えることになった我が家。

色々なメーカーを比較した結果、タイガーの旧機種JPI-A100を、なんと「33,000円」(楽天市場)で購入できました。

結論

現行機種「JPI-G100」と比べても十分な性能、かつコスパは抜群でした

現行機種(JPI-G100)との性能を比較しながら、タイガーの圧力IH炊飯器「JPI-A100」をレビューします。

タイガー魔法瓶(TIGER)
¥42,800 (2022/01/10 17:01時点 | Amazon調べ)

旧機種 JPI-A100と、現行機種JPI-G100の違い

私がこれまで使用していた炊飯器は、東芝のRC-5RXという機種。IH式のコンパクトなモデルでした。

東芝のRC-5RXと、タイガーの旧機種「JPI-A100」・現行機種「JPI-G100」のカタログスペックを比較してみました。

RC-5RXJPI-A100
(旧機種)
JPI-G100
(現行機種)
加熱方式IH圧力IH圧力IH
最大
消費電力
500W1200W1200W
最大
炊飯容量
0.54L1.0L1.0L
サイズ
(cm)
22.8
×25.0
×22.1
25.2
×30.2
×21.1
25.2
×30.2
×21.1
本体質量2.6kg5.4kg5.4kg

タイガーの圧力IH炊飯器の方が、炊飯容量も多ければ、最大消費電力も非常にパワフルです。

さて、「JPI-A100」「JPI-G100」の両機種は、カタログスペックでは殆ど差はありません。

両機種の違いは

  • 「内なべの底釜の表面積(現行機種の方が12%アップ)」
  • 「圧力洗浄コースによる内ふたの洗浄が可能」

という2点です。

こちらが「JPI-A100」の内なべです。凸凹で表面積を増やしているわけですが、この凸凹構造が新機種ではさらに広くなっているわけです。

とはいえ、内なべの変化も新旧でわずかですし、内ふたはどうせ手洗いするし、ということで我が家では旧機種の「JPI-A100」を購入することにしました。

JPI-A100のメリット

炊飯器は眺めているだけではなく、実際使ってナンボ。動かしてみると、気づいたことが色々とありました。

甘みがあり、モチモチ食感

まず驚いたのが、いつも使っている銘柄のお米であっても「甘み」をハッキリ感じるようになったこと。大して高いお米でもないんですけどね。

また、独特の「モチモチ食感」が非常に心地よかったです。ただ、食感に関しては正直好みが分かれるかな、というところがあります。

「しゃっきり」「パラパラ食感」は、モードで炊き分けは可能ではあるものの、基本的には「モチモチ食感」の炊飯器という印象でした。

炊飯容量の割にコンパクトなボディ

以前の炊飯器から炊飯容量が2倍になったわけですが、その割には本体はコンパクトな印象でした。

炊飯器でよく付属している「ハンドル」がないのも特徴です。私は炊飯器をそんなに動かしませんので、これで十分。ハンドルなしがコンパクトボディに一役かっています。

JPI-A100のデメリット

炊いてみたご飯の味は大満足、想定外にコンパクトだったボティは好感触ですが、正直デメリットもありました。

炊飯音は正直大きめ

炊飯時の音には結構おどろきました。

特に圧力を切り替えるときに「ゴトッ!」と音がするのには、一番ビックリしました。

が、慣れてしまえば気にならないです。

「冷凍ご飯メニュー」使い所が限定される

期待していた「冷凍ご飯メニュー」ですが、これは正直期待外れでした。

確かに「冷凍ご飯メニューで炊く → 冷凍 → 解凍」とすれば、おいしく食べることができました。

一方で、「冷凍ご飯メニュー」で炊いたご飯をそのまま食べると、パサつく印象を感じました。

つまり「冷凍ご飯メニュー」は、「ご飯を食べて、余りを冷凍する」という用途にはあまり向いていません

それでも、前の炊飯器と比べれば「冷凍ご飯メニュー」も十分美味しく、JPI-A100の「通常炊飯モード」がいかに美味しいか、ということでもあります。

内ふたに「おねば」が付着して、とりにくい

コレが一番困ったことですが、炊飯後の内ふたに「おねば」がこびりついてしまい、正直掃除が大変です。

新機種の「JPI-G100」は内ふたを蒸気でクリーニングするモードがあり、「ああ、だからクリーニング機能をつけたのか」と思いましたね。

ちなみにこの内ふた、炊飯中に蒸気がしずくとなってボタボタ落ちないように、水が膜になるような加工がしてあります。

その加工によって、「おねば」も膜になって張り付いてしまうワケですね。

まとめ:味◎・サイズ◯・メンテナンス△・コスパ◎

というわけで、今回はタイガーの圧力IH炊飯器「JPI-A100」について、最新機種の機能と比較しながらレビューしました。

メンテナンス性はイマイチですが、おいしいご飯がコスパ良く食べられる機種です。旧機種のJPI-A100は在庫限りですので、ご購入はお早めに。