子育て

「エルゴベビーの修理」体験レポート。胸ストラップバックルを交換してもらった話

私の育児の中で「準備した当初こんなに使うと思わなかったグッズ」の第1位が「抱っこ紐」です。

我が家は奮発して「エルゴベビー オムニ360 クールエアー」を購入しました。はっきりいって抱っこ紐の中では高価ですが、非常に「しっかりと抱っこできる」ので、365日お世話になりっぱなしです。

そんなエルゴベビーが3年目を手前についに破損!公式で修理してもらった流れをまとめました。

破損した「胸ストラップバックル」

「胸ストラップバックル」というのは「おんぶの時に胸の位置に来る」バックルです。抱っこスタイルの時は背中の位置に来るバックルですね。

私は最初この「胸ストラップバックル」が破損していることに気づいていませんでした。実際破損しているバックルがコチラ。

折れてしまったエルゴベビーの胸ストラップバックル1

一見正常な見た目に見えますし「固定の時に少し緩い気がする」程度の変化しかありませんでした。

しかし、このバックルをつまんでみると、破損は一目瞭然になります。

折れてしまったエルゴベビーの胸ストラップバックル2

あ〜、根元で折れてしまっている!

互換品のバックルがAmazonなどで販売されているんですが、バックルを交換するには縫い付けてあるストラップを一度ほどき、再度縫い付ける必要があります。

自分でやる方法も検討しましたが、ここは子どもの安全第一ということで、オフィシャルの修理をお願いすることにしました。

修理の流れと必要な日数

修理はエルゴベビーの代理店であるダッドウェイ公式サイトより行います。

私の場合は、以下のようなスケジュールで進みました。

  1. 2022/3/1 修理の申し込み
  2. 2022/3/2 破損品が集荷される
  3. 2022/3/4 修理完了・出荷のメール
  4. 2022/3/5 修理品が到着

気になるお値段ですが「胸ストラップバックル交換 + 送料」で「2,090円」で行ってもらいました。申し込み時にクレジットカードで代金を支払います。

なお、今回は修理センターがたまたま直近で空いていたため、スグに修理を受け付けてくれました。しかし、空き状況によってはもっと待たされる可能性もあります。

また、修理期間中に「代わりのエルゴベビー」をレンタルすることもできますが、この場合修理日を指定できなくなる点は注意してください。手元に「エルゴベビーがない」期間は無くなりますが、「壊れたエルゴベビーがしばらく手元にあり続ける」状態が続いてしまうためです。

追記:後日「腰バックル」も破損…

後日「腰バックル」も破損したので、再度修理をお願いしました。

  • バックル修理
  • ダッドウェイからの送料
  • エルゴベビーのレンタル費用

で合計「4,620円」でした。これにプラスして、破損したエルゴベビーをこちらから送る送料も必要になるので、注意してください。

  1. 2022/4/20 修理を依頼
  2. 2022/4/21 ダッドウェイから「レンタル品」が発送される
  3. 2022/4/22 レンタル品到着、修理品を発送
  4. 2022/4/29 修理完了品が返送される

といった流れになりました。全般的に素早い対応ですね。

なんだかんだで「公式」の修理は安心

エルゴベビーを修理したパッケージに入っていたアンケート

互換バックルもある「エルゴベビー」ですが、公式の修理は比較的早く対応してくれて、取り扱いも丁寧です。互換バックルでも数百円かかることを考えると、決して高過ぎない修理代金である印象です。

非常にサポートも充実しており、エルゴベビーは子どもが飽きない限りは、長く愛用していきたい製品です。