UQ mobile

私が「ahamo」「LINEMO」「povo」「ワイモバイル」よりも「UQ mobile」を推すワケ。

携帯キャリアには

  • 大手キャリア(docomo、au、SoftBank、楽天)
  • オンライン専用新プラン(ahamo、povo、LINEMO)
  • サブブランド(UQ mobile、ワイモバイル)
  • MVNO(IIJmio、OCN モバイル ONEなど)

など、さまざまな種類がありますが、私が推すのは「UQ mobile」です。

UQ mobileを推すワケ
  • 自宅セット割で月990円~
  • データ通信容量を翌月へ繰り越せる
  • 店舗サポートあり

今回はそんなUQ mobileのメリットを語ってみます。

各社のオンライン専用プラン、サブブランドを比較

えびふらい

スマホ代を安くしたい!

という方が検討されるであろう

  • オンライン専用プラン(ahamo、povo、LINEMO)
  • サブブランド(UQ mobile、ワイモバイル)

それぞれの料金を「中容量プラン」「小容量プラン」にわけて比較してみました。

中容量(15~20GB)プラン

月額料金
(税込)
データ
容量
その他
ahamo2,970円20GB5分以内
国内通話無料
povo 2.0
(データ追加20GB)
2,700円20GBトッピング
可能
LINEMO
(スマホプラン)
2,728円20GB通話オプション
あり
ワイモバイル
(シンプルM)
3,278円15GBデータ繰り越し
家族割
UQ mobile
(くりこしM +5G)
2,728円15GBデータ繰り越し
でんきセット割
えびふらい

中容量プランは「オンライン専用プラン」が高コスパですね

小容量プラン(3GB)

月額料金
(税込)
データ
容量
その他
ahamo該当プラン
なし
povo 2.0
(データ追加3GB)
990円3GBトッピング
可能
LINEMO
(ミニプラン)
990円3GB通話オプション
あり
ワイモバイル
(シンプルS)
2,178円
(家族割で
990円)
3GBデータ繰り越し
家族割
UQ mobile
(くりこしS)
1,628円
(セット割で
990円
3GBデータ繰り越し
自宅セット割
えびふらい

小容量プランは「990円」の激しい争いになっています

単純に「コスパ」という話になると、オンライン専用プランの方が優れています

とはいえ、サブブランドもオンライン専用プランと近い価格設定なので「めちゃ料金が高い」わけでもありません。

サブブランドは店舗サポートが受けられる

「オンライン専用ブランド」と「サブブランド」の大きな差は、「店舗サポート」にあります。

  • 「オンライン専用ブランド」 → 店舗サポートを受けられない
  • 「サブブランド」 → 店舗サポートを受けられる

「オンライン専用ブランド」の場合、回線契約も各種変更手続きもオンライン限定になります。

ドコモ渾身の新プラン「ahamo」が露わにする「日本のケータイ」本当の課題(Impress Watch)

オンラインの契約に慣れている方はいいのですが、そうでない方にはちょっとツラいですね。

かく言う私もオンライン手続きには比較慣れている方で、UQ mobileも基本的にオンラインのみで契約しましたが、「全く店舗サポートがない」のはちょっと不安です。

えびふらい

「UQ mobile」は、いざというとき店舗に頼れるのは安心です

「UQ mobile」は光回線・電気とのセット割が可能

単純な「コスパ」ではオンライン専用プランに水をあけられてしまったUQ mobile。

しかし「自宅セット割」の登場で、スマホと光回線・電気がセットなら「月額990円~」という、サブブランドと同等の価格になりました。

詳細は別記事にまとめておりますので、そちらもぜひ。

我が家にピッタリ、UQ mobile

UQ mobileは、

  • セット割で月額990円~ (オンライン専用プランと同等)
  • データ通信量の繰り越し可
  • 店舗サポートも受けられる

ということで、総合的なバランスに優れたサブブランドです。

UQ mobileは「SIMのみ」の契約も可能で、現在ご利用の機種がUQ mobileに対応していれば、使い慣れた機種へ「SIMカードを差し替えるだけ」でUQ mobileへ移行できます。

ぜひこの機会にUQ mobileを検討してみてください。詳細はUQ mobile公式サイトから。

\ ✅ スマホが1,628円〜/

UQ mobile