UQ mobile

UQ mobileの「通話オプション」と「他社通話オプション」の料金を比較。本当にお得なオプションはコレです

UQ mobileの「くりこしプラン」では、音声通話を多く利用する方のために、4つの「通話オプション」が用意されています。

音声通話をほとんどしない、という方は「オプションなし」で十分です。

えびふらい

私もオプションなしで利用しています

とはいえ「音声通話もそこそこします」という方もいるはず。

私の結論としては、多くの方は通話パック(60分/月)」もしくは「かけ放題(24時間いつでも)」がオススメです。

今回は4つの通話オプション、さらにはUQ mobile以外の通話サービスとも比較してみました。

UQ mobileの4つの通話オプション

4つの通話オプションを以下の表にまとめました。

お得なプランを選ぶ分岐点は「音声通話が90分をこえるかどうか」です。

オプション料
(月額)
こんな方にオススメ
オプションなしなし音声通話が月10分未満
通話パック
(60分/月)
550円音声通話が月90分未満
かけ放題
(10分/回)
770円音声通話が月10分未満
一回の通話は30分をこえない
かけ放題
(24時間いつでも)
1,870円音声通話が月90分以上

一つ注意したいオプションが「かけ放題(10分/回)」です。

1回の通話が「必ず」10分以内の場合はオトクなプランですが、1回でも通話(相手は携帯電話)が30分をこえると、全オプション中最高値になってしまいます。

詳しくは以下の二枚のグラフにまとめました。

こちらは「相手は携帯、必ず10分で通話を終える」パターンです
こちらは「相手は携帯、連続で通話し続ける」パターンです

「かけ放題(10分/回)」は通話スタイルによって料金が大きく変わることが、見ていただけるかと思います。

「通話が多いかも」という方は、「通話パック(60分/月)」「かけ放題(24時間いつでも)」の方が料金がわかりやすく安心です。

UQ mobile vs 他社通話オプション

続いて、UQ mobile以外の「他社通話オプション」を選択した場合を比較してみます。

050 plus

NTTコミュニケーションズが提供しているIP電話サービスが「050 plus」です。

月額基本料金は330円、通話料金は携帯電話宛の場合「17.6円/分」です。

通常のUQ mobileの通話料が「22円/30秒」なので、長い時間通話するほどお得になりそうですが、果たして…。

「050 plus」と「通話パック(60分/月)」「かけ放題(24時間)」の料金を比較したグラフは以下の通りです。

通話時間が10~90分の場合は「通話パック(60分/月)」、通話時間が90分以上の場合は「かけ放題(24時間)」の方がオトクです。

料金面で言えば、積極的に「050 plus」を選択する理由はなさそうですね。

LaLa Call

「mineo」を提供するオプテージのサービスが「LaLa Call」です。

料金体系は050 plusと似ており、月額基本料金が110円、通話は携帯電話宛の場合「17.6円/分」です。

通話料は050 plusと同じですが、月額基本料金は050 plusより220円安いです。

「LaLa Call」と、「通話パック(60分/月)」「かけ放題(24時間)」の料金を比較したグラフは以下の通りです。

月額基本料金が050 plusよりも安い分、グラフがそのまま下に平行移動した形になっています。

その影響で0~20分、もしくは85~100分通話した場合は、「LaLa Call」が最安になります。

しかし、通話を0~20分、もしくは85~100分のピンポイントにおさめる、というのは至難の業ではないでしょうか。

「通話パック(60分/月)」「かけ放題(24時間)」の方が、通話時間からプランを選択しやすいですね。

OCNでんわキャリアフリー

最後に登場するのが「OCNでんわキャリアフリー」です。

こちらは月額1,100円で「10分以内の国内通話し放題」というものです。

UQユーザーの場合、「かけ放題(10分/回)」が月額770円で利用できるため、OCNでんわキャリアフリーを選ぶ理由は全くないと言えますね。

一応グラフで比較してみましょう。

結論:通話90分以内なら「通話パック」、90分以上なら「24時間かけ放題」

UQ mobileの場合、他社の通話オプションサービスと比べると、自社の通話オプションが料金面で優秀です。

また、通話が90分以内で済むようなら「通話パック(60分/月)」、それ以上なら「かけ放題(24時間いつでも)」を選べば、大きく失敗することはないですね。

LINEなどの無料通信アプリが普及したとはいえ、まだまだ使う頻度はある「音声通話」。皆さんの生活スタイルに合わせて、最適なプランを選ぶ参考になれば幸いです。