UQ mobile

はじめての方へ。UQ mobileのメリット・デメリット・オススメプラン、ユーザーがすべて語ります

「日本のスマホ代は高すぎる!」とは思うけれども「格安スマホ」は何となく不安。でも子育てにはお金がかかるし、節約はしたい…。

結論:安価 + 高品質 + 信頼性から、「UQ mobile」は子育て世代を含め多くの方にオススメできるキャリアです

えびふらい

4年来UQ mobileを愛用する私が、正直に全て語ります

ズバリ、大きな注意点は以下のものがあります。

  • 大容量/使い放題プランがない
  • 「LINE」のID検索ができない
  • キャリアメールが有料

逆にいうと、これらが気にならなければ、大手キャリアからUQ mobileへの乗り換えで、スマホ代は安くできます

UQ mobileってどんな会社?

実は「UQ mobile」は会社名ではありません。*ちなみに「au」も実は会社名ではありません。

どちらも「KDDI」というスーパー大企業が提供している「ブランド」なんです。サービスの品質や継続性に関しては、比較的安心です。

UQ mobileって何?

KDDIが提供するメインブランドが「au」、サブブランドが「UQ mobile」です

「格安SIM」とUQ mobileとの違いは?

「SIMカード」は契約した人の識別番号などが記録されたものです。

SIMカード自体は、auなどのキャリアから渡されるので、スマホに差しこんで使います。

auなど大手キャリア以外から、安い契約のSIMカードを渡してもらうのが「格安SIM」です。

なぜ「格安SIM」が安く契約できるかというと、自前で通信設備を持たず、auなど大手キャリアから一部回線を借りて運営しているから。

一方で気をつけたいのが、「借りている」立場なので安く運営できる反面、回線が混雑する平日昼間などは「通信速度が遅い」という声も聞こえます。

それでは「格安SIM」と「UQ mobile」はどう違うかと言いますと、

  • 「格安SIM」… auなど大手キャリアから回線を「借りている」
  • 「UQ mobile」… auを提供する「同じ会社が提供」

ということになります。

「貸している側」のKDDIが、通信エリア・品質は「au」とほぼそのままに、お得に利用できるようにしたのが「UQ mobile」です。

立場の違いを反映してか、「カカクコム」や「モバレコ」の測定結果でも、UQ mobileは安定した通信結果が得られています。

私の体感でもUQ mobileの通信は非常にサクサクで快適です。

「格安SIM」とUQ mobileの違い

auと同じKDDIが提供しているので、「安価」でありながら「通信品質」にも定評があります

UQ mobileのデメリット

冒頭でUQ mobileのデメリットを3つ挙げましたが、それぞれ詳しくお話しします。

大容量/使い放題プランがない

UQ mobileのプランは、最大でもデータ容量「月に25GB」です。

外出先でも動画やゲームで大量にデータ通信する、という方には不向きです。

  • データ通信量の少なめの方
  • 家に「Wi-Fi環境」があり、外出先での通信料が少ない方

には、特に向いているサービスです。

「LINE」のID検索ができない

LINEの「ID検索」機能を利用するには「年齢認証」を行う必要があります。

この「年齢認証」ですが、大手キャリアに加えて、一部格安スマホが対応しているものの、UQ mobileは非対応となっています。

とはいえ、LINEの「友だち」追加には

  • 連絡先から追加
  • QRコードで追加
  • 他の友だちから招待

といった方法があります。

直接会える人とは、他の手段でも「友だち」追加できますね。

難しいのは「一度も直接会ったことがない人」の追加になりますが、その場合は別のメッセージアプリを使うことになります。

キャリアメールが有料

UQ mobileは「○○○@uqmobile.jp」というメールアドレスが提供されますが、なんと月額220円と有料になります。

とは言え、今時はメールならば無料のGmailを利用すればいいですし、LINEなどの連絡手段もあります。

あえて有料のメールサービスを申し込む必要はないかなと思います。

えびふらい

私もメールサービスは申し込んでないです。特に不都合ないですね

ただ、一部の銀行のオンラインバンキングでは「キャリアメール必須」のことがあるので、確認しておきましょう。

「店舗サポートが受けられる」のは大きい

大手キャリアでも「ahamo」「povo」「LINEMO」など安価なサービスが登場していますが、これらとUQ mobileの大きな差は店舗サポートが受けられるかどうかです。

この点は、過去に記事で詳しく書いております。

普段は「オンラインサポートだけで十分」という方も、いざというときに店舗を頼れるのは安心です。

オススメ料金プランは「くりこしプラン」の「S」か「M」

auの4G LTEスマホのメインプランは「使い放題MAX (税込7,238円/月)」ですが、UQ mobileにすれば月額料金はグッと下がります。

UQ mobileのメインのプランは「くりこしプラン +5G」になります。

auの「povo」と一緒に、「くりこしプラン +5G」の各料金を比較してみましょう。

くりこし
プランS
くりこし
プランM
くりこし
プランL
【参考】
povo
月額料金1,628円2,728円3,828円2,728円
基本データ容量3GB15GB25GB20GB
基本データ容量
超過時
最大
300Kbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps
最大
1Mbps

個人的にオススメなのは「くりこしプランS +5G」です。

くりこしプランS +5Gの特徴
  • データが月3GBに収まる方には「いちばん安い」
  • 容量超過時300Kbps通信は、Twitterなども厳しい

比較的データを使うなら「くりこしプランM +5G」が候補になりますが、auの「povo」もチェックしておきたいところです。

というのも、両者の料金は同じだからです。

データ容量が5GB多い分「povo」の方がコスパは良くなりますが、細かいサービスの使い勝手が異なります。

くりこしプランM +5G・povo 選択のポイント
  • 店舗サポートが欲しいなら「UQ mobile くりこしプランM +5G」
  • 1GBでもデータ容量が多い方がいいなら「au povo」

「くりこしプランL +5G」は正直中途半端な印象です。データ通信量が「毎月必ず15~25GBになる」という特殊な方しか、オススメできないです。

くりこしプランM・L、povoの場合、容量超過時は通信速度が1Mbpsに制限されます。この速度なら、文字・画像中心ならギリギリ使えるレベルです。

また、UQ mobileには「節約モード」があります。節約モードは「自分からあえて」容量超過時の通信速度に制限することで、データ容量を使用しないモードです。

くりこしプランLにするより、くりこしプランMでやりくりするか、auの使い放題MAXで制限なく使った方がストレスがないと思います。

くりこしプランL +5Gはちょっとイマイチ
  • 節約派は「くりこしプランM +5G」「節約モード」を駆使する
  • 大量・高速通信ならauの「使い放題MAX」が結局ストレスがない

UQ mobileでiPhoneは使える?

結論としては、最新のiOSが利用できるiPhoneならば、大概利用できると言えます。

具体的には、au版・SIMフリー版のiPhoneならば「5s」以降、docomo・SoftBank版ならば「6s」以降のiPhoneを利用できます。

端末によって設定方法が異なります。詳しくはUQ mobileの動作確認端末を確認しましょう。

UQ mobileでもiPhoneを販売していますので、契約と同時に端末の購入をするのもアリです。

UQ mobileの公式オンラインストアで購入する場合、ショップの割引が入るので、Appleストアよりも安く購入できます。

割引額の詳細は公式オンラインストアを確認してください。

まとめ:UQ mobileのメリット

色々と紹介してきましたが、UQ mobileのメリットをまとめると

  • KDDIが提供しており「通信品質」にも定評あり
  • 店舗でサポートが受けられる
  • くりこしプランSなら「月額1,628円」で利用できる

ということになります。

正直よく探せばUQ mobileより安い通信キャリアはありますが、「安定した通信品質」「サポート」「安価」を兼ね備えたキャリアはUQ mobileだけだと思っています。

まだ利用されていない方は、一度検討されてはいかがでしょうか。

\ ✅ スマホが1,628円〜/

UQ mobile