アプリ

TOYOTA Walletを中心に「2.5%還元」のお買い物環境を構築したハナシ

とにかく出費の多い子育てですが、TOYOTA Walletを中心に「2.5%還元」のお買い物環境を構築しました。

えびふらい

基本は「楽天カード(1.0%」+「TOYOTA Wallet(1.5%)」で2.5%還元になります

本当はもっと様々なサービスを経由することで、更なる高還元を狙えるのですが、あまり手間が増えては本末転倒。

今回、この方法に至った経緯をお話しします。

TOYOTA Walletの特徴

TOYOTA Walletは、トヨタフィナンシャルサービスが提供する決済アプリです。

えびふらい

母体が強いので、非常に太っ腹な還元制度があります

利用金額の1.5%をキャッシュバック

最大の魅力がこの「キャッシュバック」です。

ポイント制ではないので、

  • ポイントを支払いに割り当てる
  • ポイントを交換する

といった操作が必要ありません。

なお、この1.5%還元は「予告なく終了する可能性があります」とされていますので、最新の情報に注意が必要です。

えびふらい

実際の決済には「3種類の方法」が提供されています

タッチ決済(事前チャージ型)

TOYOTA Walletでは、タッチ決済として

  • iD プリペイド
  • Mastercard®コンタクトレス

を利用することができます。

iDはコンビニやドラッグストアで広く普及しているので、使いやすいです。

ただし「iD プリペイド」のため、ガソリンスタンド等では利用できないことがあります。

QRコード決済

QRコード決済としては、3種類が提供されていますが、正直どれも「微妙」と言わざるを得ないです。

  • TS CUBIC Pay (後払い型)
  • 銀行Pay (デビット)
  • Bank Pay (デビット)
えびふらい

3種類とも、私の場合近所で使える店舗は皆無…

サービスエリアが広がるのを待つしかない状況です。

マスターカードのデジタルプリペイドカード

一番汎用が高いのが、このデジタルプリペイドカードです。

Amazonなどのオンラインショッピングで、クレジットカードのように使うことができます。

えびふらい

私の場合は、Amazonで「ギフト券」の購入が中心になりそうです

TOYOTA Walletの注意点

TOYOTA Walletの使い所としては、さまざまなキャッシュレスサービスを経由させることで、雪だるましきにポイントを獲得する方法です。

もっとも有名な方法としては、

  1. 楽天カード(1.0%)
  2. Kyash (0.2%)
  3. TOYOTA Wallet (1.5%)
  4. 6gram
  5. PayPay

と経由させることで、「合計 2.7%還元」を受けつつ、「使える場所の多いPayPay」へ残高を受け渡す方法です。

えびふらい

これは手間が多すぎる…

ということで、色々方法を模索してみましたが、TOYOTA Walletには色々と制約があります

TOYOTA WalletからPayPayへは紐付けできない

PayPayはクレジットカードを紐づけて支払いをすることができます。

しかし、TOYOTA Walletのデジタルプリペイドカードは、PayPayにクレジットカードとして紐づけすることはできません。

えびふらい

システム上制限されているようですね

TOYOTA WalletのQRコード決済は、お世辞にも使える店が多いとはいえないだけに、この仕様は残念です。

TOYOTA Walletからau PAYへはチャージできない

こちらは「かつて出来た」のですが、仕様の変更に伴って制限されたものです。

個人的には、TOYOTA Walletからau PAYへチャージすれば、「au PAYプリペイドカード」をリアルカードとして利用できるようになるので、非常に利便性が増すところでした。

最終的に落ち着いたのは、楽天カード → TOYOTA Wallet

還元率がメリットなものの、使用先に難がある「TOYOTA Wallet」。

私としては、コアとなる使い方は「楽天カード → TOYOTA Wallet」で「2.5%還元」を受けるシンプルな方法に落ち着いています。

えびふらい

Kyashをかませる方法もありますが、還元率(0.2%)の割に、ちょっと手間が多くなりすぎかなと

某ドラッグストアでは

さまざまなキャッシュレス決済に対応している、私の近所の某ドラッグストアでは、このような使い方になります。

  1. 楽天カード(1.0%)
  2. TOYOTA Wallet (1.5%)
  3. iD (プリペイド)で決済

これで合計「2.5%還元」になります。

えびふらい

「タッチでサッと」支払える、iD決済を出口にしました

某ガソリンスタンドでは

さまざまなキャッシュレス決済に対応しているものの、「プリペイド型が使えない」ガソリンスタンドでは、一工夫する必要があります。

  1. 楽天カード(1.0%)
  2. TOYOTA Wallet (1.5%)
  3. モバイルSuica (Apple Pay)へチャージ・決済

これで合計「2.5%還元」になります。

iDプリペイド決済なら楽なのですが、こちらは使用不可。

そこで、いったんモバイルSuicaへ残高を移して、決済することになります。

その他のお店は方法を模索中…

今一番多いのが、

  • クレジットカード(プラスチックカード)
  • QRコード決済(PayPayなど一般的なもの)

のみに対応したお店。

私の近所のスーパーマーケットもこの形態ですが、この場合「TOYOTA Wallet」を使用する方法が見出せていません。

えびふらい

招待制の「6gram」があればいいのですが、招待してくれる人がいないという…

ということですが、「2.5%還元」は非常にメリットがあるかと思います。

また、今回「楽天カード」を土台にしましたが、「楽天カード」は基本還元率が1.0%で非常に使いやすいカードです。

今更説明の必要もないほどの有名なカードですが、もしお持ちで無い方は一度検討してみてはいかがでしょうか。