Apple

Apple Smart Folio (iPad Air 4) レビュー。軽快で質感ヨシ!

iPhone 12シリーズ並みの高性能でありながら、そこそこ価格で非常にバランスの良い「iPad Air (第4世代)」。

私も注文開始日に注文して、便利に使用しています。

そのiPad Air 4ですが、私はカバーとしてあえてキーボードなしの「Smart Folio」を使用しています。

「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard Folio」が話題になる中、なぜ「キーボードなし」の「Smart Folio」なのか。

その理由を語ります。

流石に重すぎ?「Apple Magic Keyboard」

iPad界隈で一番話題のアクセサリーといえば、「Apple Magic Keyboard for iPad」。

打ちやすいキーボードに、大きなサイズのトラックパッド。

iPadを「見る」→「クリエイトする」端末へ。そんなアクセサリーがMagic Keyboardです。

ところがです。

世の中には「ディスプレイ」「大型のトラックパッド」「打ちやすいキーボード」が一体になった端末がありますよね。

そう「MacBook」です。

iPadにアクセサリーをつけるより、一体型のMacBookの方が使いやすいのでは?というのが私の意見です。

各所で言及されていますが、Magic Keyboardでネックになるのがその重さ。MacBook Airと比較すると

  • iPad Air 4 (Wi-Fi) + Magic Keyboard = 1,283 g
  • MacBook Air (M1) = 1,290 g

となります。重量はMacBook Airに匹敵しますね。

そこまでの重量がありながらも、iPadOSは完全なマルチタスキングには不向き。

全てのクリエイトをiPadで行う、というのはちょっと厳しい印象です。

逆に、MacBookにはなくて、iPadにあるものを考えてみると、それは「サッと取り出して使える」こと。

ですから、iPad Airは「軽快さ」を生かした運用をしたい、というのが私の意見です。

やはり重くて嵩張る「Smart Keyboard Folio」

純正で発売されているアクセサリーとしては「Smart Keyboard Folio」もあります。

しかし、個人的にはこちらも必要性を感じませんでした。

私のiPadの主な用途は、Amazon Prime Videoを見たり、dマガジンを見たり、といったことが中心。

そうすると「見る」動作をしているときにキーボードがどうしても邪魔になってしまうんです。

Smart Keyboard Folioは、使用しない時はキーボードを背面に被せておけますが、それでもちょっと邪魔くさい印象です。

「見る = iPad」「クリエイトする = MacBook」は端末ごとに切り分けてしまった方が、個人的にはラクですね。

高価だか質感には満足「Smart Folio」

と、いうことで最終的にチョイスしたのは「Apple Smart Folio」(キーボードなしの純正カバー)でした。

特徴はざっとこのような感じです。

  • とにかく高い(9,350円)
  • 純正ならではのピッタリサイズ、質感も非常に良い
  • 側面はガード無しだが、気にならない

ネックになるのは値段でしょう。税込で1万円近くしますので、サードパーティーのケースで十分、という考えもよくわかります。

ただ、以前サードパーティーのiPadケースを試した際、蓋の部分が微妙にずれていたりしたことがありました。

やはりサードパーティーは「お値段なり」という印象を拭うことはできませんでした。

一方で、「Smart Folio」は安心のApple純正品です。

ピッタリサイズ・高い質感が非常に気に入っています。

私は「ディープネイビー」をチョイスしました。

また「Smart Folio」は側面のガードがありません。

私の場合、iPadが家での使用が中心です。

硬い場所は少ないので、側面がガードされていない不安感はあまりないですね。

持ち運びが多い方は、スリーブケースを併用すると良いと思います。

私はダイソーのクッションケースを併用しています

ポリウレタン製のSmart Folioですが、表側は「しっとり」した肌触りです。

アラフォーで手指がカッサカサの私。

iPhoneの純正レザーケースはあまりに滑るので、手放してしまいました。

そんな私でも、Smart Folioは滑って落とすという経験はありません

画面や本体が触れる裏地は、マイクロファイバーになっています。

私は「ディープネイビー」を選んだので、それほど汚れは目立ちません。

白系の色を選ぶと汚れが結構目立つ、というレビューもあるので、色のチョイスは気をつけた方がいいですね。

結論:高い質感で満足度が高いケース

iPadのケースは色々な種類が発売されていますが、Smart Folioは保護性能は高くないですし、文字入力はできません。

しかし、Smart Folioは非常に軽快・高い質感で満足度の高いケースです。

「大切な端末には、大切にできるケースが欲しい」という方にはピッタリかと思います。

どうしてもキーボードが使いたい!という方は、外付けのキーボードを使う方法がオススメです。

過去に記事を書いておりますので、そちらもぜひご覧ください。

過去記事:キーボードは不要!私がiPad Air 4 Smart Folioを愛用する理由