iPhone

iPhone SE(第2世代) Apple 純正シリコーンケース長期レビュー。2年後の劣化は少なかった。

Apple純正のiPhoneシリコンケースは、サードパーティーのものと比較すると高価で、購入を迷われている方もいるのでは。

Apple純正iPhone シリコーンケース

質感が高いだけでなく、2年経過しても劣化が少ない。値段なりの性能はありそう。

今回はApple純正シリコーンケースの長期レビューをお届けします。

純正シリコンケースの劣化具合(約2年)

iPhone SE(第2世代)の購入とほぼ同時に使用し始めた「Apple純正シリコンケース・ホワイト」。2年間メイン端末として使った結果がコチラ。

2年が経過したiPhone SE(第2世代)シリコンケース

ネットの声では「欠ける」「劣化する」「テカる」といった声があったのですが、2年経った今でも目立った劣化はないです。

最新のiPhone 13シリーズであったり、新しく発売されたiPhone SE(第3世代)であっても、純正シリコーンケースはかなり期待できるのでは、と思っています。

【ログ】純正シリコンケースの劣化具合(約9ヶ月)

参考までに約9ヶ月経過後の写真はコチラ。比較的キレイな状態です。

9ヶ月が経過したiPhone SE(第2世代)シリコンケース1

ケースの全体を撮影してみました。汚れが目立ちやすい「ホワイト」ではありますが、目立ったキズや汚れはないですね。

使用した当初、割とすぐ汚れがついて焦りました。

しかし、柔らかい布で拭いてあげれば比較的簡単に落ちることがわかり、それ以降は時々拭いてあげています。

9ヶ月が経過したiPhone SE(第2世代)シリコンケース2

他の方のレビューでは「ケースの角のシリコンが欠けやすい」という報告がありましたが、私の場合は特に欠けはありません。

シリコンが擦れてテカテカになるようなこともナシ。

9ヶ月が経過したiPhone SE(第2世代)シリコンケース3

カメラ側です。サイドボタンの部分も、特に劣化している感じはありませんね。

9ヶ月が経過したiPhone SE(第2世代)シリコンケース4

ケースの下側です。充電の際にLightningケーブルを抜き差しするんですが、その際にどうしてもケーブルの端子がケースに当たってしまうためか、小傷が多少ありますね。

シリコンと金属では流石にシリコンの方が弱いので、ケースに傷がついてしまうのは致し方ない部分があります。

9ヶ月が経過したiPhone SE(第2世代)シリコンケース5

ケースの上側です。こちらは下側と違って目立つ傷はありません。

Apple純正「レザーケース」を選ばなかったワケ

iPhone SE(第2世代)の純正ケースとして定番なのが「レザーケース」です。

Apple(アップル)
¥6,380 (2022/03/12 15:10時点 | Amazon調べ)

レザーケースは傷がつきやすかったり色落ちがある一方で、そう言った変化を「味」として捉えることができます。

一方で、シリコンケースの場合は、「傷は傷」「汚れは汚れ」です。長期使用するのには向かない、といったレビューを多く見かけました。

ところが私が使用した限りでは、2年が経過しても思ったより劣化しない、というのが正直な感想です。

また、レザーケースと比べてシリコンケースは滑りにくく、手がカサカサなアラフォーおじさんにはありがたい存在です。

あくまで自己責任ですが、私は定期的にシリコンケースをアルコールタイプのウェットティッシュで拭いています。今のところ目立った劣化は見られていません。

Appleの純正ケースはレザー一択、という状況はかなり変わってきたように思えます。この機会にぜひ純正シリコンケースも検討してみてはいかがでしょうか。

Apple(アップル)
¥4,180 (2021/05/29 08:45時点 | Amazon調べ)