SDカードのデータが消せない?プライバシーを守る方法を紹介

5年前に購入したドライブレコーダー。それに付属していたmicro SDカードが、ある時から書き込みができなくなってしまいました。

実はSDカードには書き換え回数に上限があり、特にドライブレコーダーのような高頻度でのデータ読み書きが必要な装置では、寿命が短くなることがあるのです。

SDカードの寿命があることは知っていたものの、自分の手元で経験するとは思ってもいませんでした。

しかしながら、ここからが問題です。故障したSDカードには、消去できなくなってしまったまま動画データが残っているという状態に陥ってしまったのです。

このまま放っておくわけにもいかず、プライバシーの問題もあるため、中身を消去してから処分することにしました。では、どうやって消去するか? というのが今回のお話です。

結論:ソフト的にはどうにもできず、ニッパーで細かく切断して処分しました

目次

Macでデータ消去を試みるが…、失敗

micro SDカードをMacに接続して、フォーマットしてから捨てよう、初めはそう安易に考えていました。

ところが書き換え回数の上限に達しているため、消去を受け付けてもらえませんでした。

Macに付属の「ディスクユーティリティ」

「ディスクユーティリティ」でSDカードは一見フォーマットできたような挙動をするのですが、その後SDカードの中身を見るとSDカード内のファイルは全く消えていませんでした。

Macの「Finder」

それならということで、Finderから手動でファイルを一つ一つ「ゴミ箱」へ入れてみました。すると、その瞬間は確かにファイルが消えるのですが、SDカードを抜き差しするとファイルは全く消えていませんでした。

SDメモリーカードフォーマッター

メモリーカードの規格を定める団体「SDアソシエーション」は、「SDカードフォーマッター」というフリーソフトを配布しています。もちろんMac版もあります。

SD Association | Just another Wo...
ホーム | SD Association SDアソシエーションは、業界指針となるSDメモリカード規格を策定する規格標準化団体です。携帯電話、Note-PC, Tablet-PC、ドライビングレコーダやデジタルカメラなどの使用...

が、「SDカードフォーマッター」を使用しても、私のSDカードのデータは消去することができませんでした。

ソフト上では消去のプロセスが進んでいるように見えるんですが、やっぱりファイルは消えていませんでした。

最終手段「物理的に破壊!」

ついに打つ手がなくなった私に残されたのは、micro SDカードを物理的に破壊して、データを取り出せないようにすること。

micro SDカードは、ニッパーを使えば簡単にパキッと細かく切ることができました。これでデータの復元は困難になりました。

しかし、消しても消しても消えないデータに、最初は非常に焦りました。みなさまもSDカードの書き換え回数上限には、お気をつけください。

よかったらぜひシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次