節約

Rakuten mini(楽天モバイル)レビュー。Wi-Fiルーターとして便利!

キャンペーンを利用して、実質0円で購入した「Rakuten mini」。iPhone 12 miniを遥かに凌ぐ小型サイズにおサイフケータイを搭載ということで話題になりました。

「Rakuten mini」を5ヶ月使用してみた正直な感想は「Wi-Fiルーターとして便利」ということでした。

Rakuten UN-LIMITは「楽天回線エリア内」なら優秀

データも通話も使い放題、ということで話題になった「Rakuten UN-LIMIT」。通信の品質についてですが、私が利用した範囲では速度は十分、さらに比較的安定していた印象です。ただ、あくまで楽天回線エリア内なら

なんと言っても最大の弱点は狭い楽天回線エリアですね。例え楽天回線エリアであっても、地下はまだまだ電波が弱い印象がありました。内浦では、まだまだパートナー回線がメインです。

また気になったのは、楽天回線とパートナー回線の境界あたりの通信品質。まず楽天回線の電波は入りません。仮に普段使用する場所が楽天回線エリア内である、と案内されていても、実際に電波が入るのか確認したほうが良いと思います。

あまりに残念すぎるタッチパネル感度

私が普段使用しているのがiPhone SE (第2世代)。販売価格ではRakuten miniの倍です。そんな端末と比較するのは酷ですが、それにしてもタッチパネル感度は非常に残念です。

残念な理由は感度が悪い、ということではないんです。タッチパネルの感度が良すぎるのが問題に思いました。直接画面を触れる前にタッチが反応してしまうことがよくあり、プチストレスを抱えながら操作することがよくありました。

iOSとAndroidでスクロールの挙動が少し異なるようですが、OSの差は慣れれば大丈夫かなと思いました。ただ、タッチパネルはスマホの中で使用感の生命線となるパーツ。そこが弱いのは非常に辛いですね。

変えられない壁紙

Rakuten miniは、通常の操作方法では壁紙が変えられません。設定から壁紙を変えてみても、実際の画面では壁紙が変わっていない、という状態になります。

それならばランチャーアプリで無理やり壁紙を変えてしまおう、と試してみても、これでも壁紙が変えられません。

デフォルトの壁紙・ランチャーのデザインで満足できればいいのですが、色々カスタマイズできるというのもAndroidの魅力の一つ。カスタマイズ性が低いのはあまりに残念な仕様です。

令和の時代には小さすぎる画面

Rakuten mniの画面サイズは3.6インチ。これはiPhone 3Gくらいの頃のサイズに相当します。

かつてiPhone 3GSを使っていた時は、それほど「画面が小さいなあ」と思わなかったですが、もはや時代は令和。リッチなコンテンツが増えました。単純なウェブブラウジングであっても、3.6インチの画面は流石に小さく感じます。

iPhone SE(第2世代)の画面は4.7インチで、正直なところ十分広いとは言えません。現代のオンラインコンテンツを快適に利用するには、4.7インチがギリギリ最小サイズだな、と再認識しました。

そうすると、Rakuten miniの画面サイズは厳しい面があります。

結論:Rakuten miniはモバイルWi-Fiルーターとして優秀

「Rakuten mini」は普段使いするスマホとしては厳しい、というのが私の結論です。

それでは「Rakuten mini」は使えない端末なのか、というとそうでもありません。普段はdocomo、au、SoftBankの回線を利用している方が、サブ回線のモバイルWi-Fiルーターとして使用するには便利です。

3大キャリアの回線の広いエリアと、Rakuten UN-LIMITの使い放題をうまく組み合わせれば、出先であっても快適にインターネットを利用できますね。

また、端末のサイズでみても、Rakuten miniは非常に小さく2台持ちも苦になりにくいです。そういうわけで、Rakuten miniは2台持ちのサブ機として、Wi-Fiルーター的な活用をするのがベストかと思いました。