節約

Rakuten Linkアプリ(iOS版)の仕様変更で、デュアルSIM運用時に注意点が

2021年6月15日(火)以降、iOS版の「Rakuten Link」アプリの仕様変更がされることになりました。

このブログでは、楽天モバイルの「副回線運用」をオススメしています。今回の仕様変更により、使い勝手が「かなり」変わることになりました。

今回は特に変更が大きい「通話」について、解説します。

iOS版「Rakuten Link」アプリの仕様変更点

公式からアナウンスされている中で、主な変更点としては

  • 通話の着信
  • SMS

の2つです。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/information/news/service/647/

Rakuten Linkアプリからの「発信」には、大きな変更はありません。

「Rakuten Link」アプリの「通話の着信」変更の影響

お互いiPhoneユーザーであるとして、今回の変更の一例を図にすると、ざっくりこのようになります。

通話する相手が「iOS標準の電話アプリ」で発信してきた時の挙動が変わっています。

「楽天モバイルの電話番号」については、これまで「Rakuten Link」で受けていた着信が、「iOS標準の電話アプリ」で受けるように変更されます。

「Rakuten Link」アプリの場合、楽天モバイルの圏外であってもWi-Fi環境で着信が受けられる、というメリットがありました。

さらに、iPhoneをデュアルSIMで運用している場合、楽天モバイル以外のもう一方のSIMの圏内で、着信が受けられることを確認しています(非公式な方法ですが)。

つまり、通信エリアに不安がある楽天モバイルでも、実質的にその使用可能エリアを広げてくれるのが「Rakuten Link」アプリだったというわけです。

しかし仕様変更後は、楽天モバイルの電話番号は、楽天モバイルの圏内でないと着信がうけられません

「着信を受けるには圏内でないといけない」という他のキャリアでは当たり前の仕様ですが、エリアに不安のある楽天モバイルの場合、少し厳しい仕様変更と言わざるを得ません。

「UQ mobile(メイン)」+「楽天モバイル eSIM(サブ)」運用での影響

私が過去にも記事にしてて、オススメの方法が「UQ mobile (メイン)」 + 「楽天モバイル (サブ)」での運用です。

過去記事:「Rakuten UN-LIMIT VI」発表!も、UQメイン・楽天サブは揺るがない理由

この方法ならば、通信エリア・品質ともに安定しているUQ mobileでメイン回線を運用しつつ、サブの楽天モバイルから 「+1GB 0円」「電話の発信無料」といった恩恵を受けられるます。

今回の仕様変更により、楽天モバイル回線の着信が難ありになってしまいますが、「着信はメインのUQ mobileで」「サブの楽天モバイルは発信専用」と割り切れば、大きな影響はないかと思います。

「楽天モバイル(メイン)」+「IIJmio eSIM(サブ)」は影響大

有名なYouTuberさんである「マックスむらい」さんも紹介した「440円通話かけ放題」の組み合わせが、こちらのパターンです。

過去記事:IIJmioギガプラン+楽天モバイル=440円通話かけ放題、の落とし穴

この組み合わせの場合、今回の仕様変更は非常に大きな影響が出ます。

この方法は、メインの通話回線を楽天モバイルで持ちつつ、パケット通信はIIJmioを使用。エリアの広いdocomo網を利用するIIJmioで、楽天モバイルのエリアの狭さをカバーする方法です。

仕様変更前ならば、(非公式ですが)IIJmio = docomoのエリア範囲内なら、楽天モバイルの電話番号でも「Rakuten Link」アプリ経由で着信が受けられる、というメリットがありました。

しかし、今回の仕様変更により「楽天モバイルの圏外」の場合、「IIJmioの圏内(=docomo圏内)」であっても着信は受けられなくなります。

IIJmioのeSIMは通話非対応のため、こちらをメイン回線として使用するのは難しいです。そうすると「楽天 + IIJmio(eSIM)」の組み合わせは、かなり厳しい状況となってしまいました。

「Wi-Fi通話機能」を日本でも開放してほしい

Rakuten Linkは「Wi-Fi環境下でも電話着信を受けられた」というのがメリットの一つでした。

実はiPhoneには標準で、Wi-Fi環境下で着信を受けられる「Wi-Fi通話機能」というものがあります

https://support.apple.com/ja-jp/HT203032

この機能は「通信キャリア側」がWi-Fi通話機能に対応している必要があります

現段階(2021/5/15時点)では日本の大手通信キャリアであるdocomo、au、SoftBank、楽天モバイルいずれもWi-Fi通話機能に非対応です。

一方で、米国のAT&T、Verizon、T-mobileといった大手どころはWi-Fi通話機能に対応しており、日本の通信キャリアの対応にも期待したいところです。

そうすれば、楽天モバイルの回線の活用の幅も、もっと広がってくるのではないでしょうか。

私としてはやっぱりメイン回線には、安価な料金・広い通信エリア・安定した回線品質のUQ mobileをオススメしたいです。

今の通信キャリアに不満がある方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。