povo 2.0

UQ mobileユーザーが「povo 2.0」をSIMカードで契約しました。乗り換えるべきか比較も。

auのオンライン専用プランである「povo」。

2021年9月29日に「povo 2.0」へバージョンアップし、「シンプルなワンプラン」から「トッピングが選べるプラン」へと変わりました。

「povo」新プランは0円~、通話もデータもトッピングで選ぶ(ケータイ Watch)

結論

povo 2.0は「少し安い」ですが、「わかりやすさ」「手間のなさ」から、UQ mobileユーザーはそのまま維持がオススメです。

どちらもauのKDDIから提供されるサービスですが、「UQ mobile」ユーザーである私が、povo 2.0を新規で契約してみたお話です。

UQ mobileとpovo 2.0の比較

基本料金プラン

povo 2.0では、「0円~のベースプラン」へトッピングを追加しますので、単純に「基本料金プラン」が比較できません。

そこで、UQ mobileの「くりこしプラン +5G」と近い組み合わせで、トッピングしてみました。

なお、povo 2.0は「25GB/30日」というトッピングがないため、「+150GBトッピング」を月割計算しました。

povo 2.0
データ追加
UQ mobile
くりこしプラン +5G
+3GB
3GB/月
990円
プランS
3GB
1,628円
(セット割 990円)
+20GB
20GB/月
2,700円
プランM
15GB
2,728円
(セット割 2,090円)
+150GB
25GB/月
2,163円/月
プランL
25GB
3,828円
(セット割 2,970円)

単純な「コストパフォーマンス」ではpovo 2.0に軍配が上がります。

しかし、UQ mobileには「自宅セット割」という制度があり、こちらも活用すればpovo 2.0と非常にいい勝負です。

通話オプション

まだまだ使うシーンが無くならない「音声通話」ですが、両者の通話オプション料金を比較してみました。

なお、「povo 2.0はデータ追加+20GB」「UQ mobileはくりこしプランM +5G」に追加した場合の価格を計算しています。

povo 2.0
データ追加+20GB
UQ mobile
くりこしプランM +5G
通話オプションなし
20GB/月
2,700円
通話オプションなし
15GB
2,728円
5分かけ放題
+500円
= 3,200円
10分かけ放題
+770円
= 3,498円
通話かけ放題
+1,500円
= 4,200円
国内通話かけ放題
+1,870円
= 4,598円

通話オプションの価格もpovo 2.0に軍配が上がります。

ちなみに、「音声通話はするけれども、どのオプションが最適かよくわからない」という方は、過去に各オプションを比較した記事を書いていますので、そちらもぜひ。

各種サービス

最後に「データ通信」「音声通話」意外のサービスを比較しています。

UQ mobileは改善が進みauとの差は小さくなっていますが、povo 2.0では現状対応していないサービスがあるので注意が必要です。

povo 2.0UQ mobile
着信転送
留守番電話オプション
330円/月
au
かんたん決済
提供予定
LINEの
年齢認証
くりこしプラン
+5G のみ可能
店舗サポート

また、povo 2.0では「トッピングの自動更新」非対応な点は注意が必要です。

毎月3GB使う場合には、毎月トッピング追加の手続きが必要です。しかも、長期間トッピングを追加しない場合、契約解除になる場合があります。

※180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります。

povoホームページ「povo1.0 / povo2.0比較表」より

povo 2.0は、何かと一手間かかる、とも言えそうです。

「povo 2.0」実際に契約してみました

サービススタートの2021年9月29日に、実際povo 2.0を新規で契約してみました。

9:00の受付スタート当初は混雑が見られたようですが、夕方ごろになればスムーズに契約手続きを進めることができました。

開通までの時系列

  1. 9/29 16:00 手続きスタート
  2. 9/29 16:15 本人確認の申請を実施
  3. 9/29 16:45 本人確認完了の案内あり
  4. 9/30 SIMカードが発送手続きされる
  5. 10/1 手元にSIMカードが到着、開通手続き

という具合になります。申し込みから2日でSIMカードが到着し、全般的にスムーズに手続きが進んだと言っていいでしょう。

どうしても急ぐ方は「eSIM」での契約を選択肢に入れた方がいいですね。

SIMカードのパッケージ内容物

こちらがSIMカードのパッケージです。CDのジャケットを思わせるようなサイズ感。時代を反映して「紙製」になっています。

中には「スタートアップガイド」と「SIMピン」が付属しています。「SIMピン」は「家のどこかにあるが、出すのがめんどくさい」ものだったりするので、付属しているのはありがたいところです。

そして、メインである「SIMカードとマニュアル」「ステッカー」です。「ステッカー」はApple製品を彷彿とさせます。

SIMカードは「マルチSIM」になっており、任意のサイズに切り取ることができます。最も、今の時代nano SIM以外は少数派かもしれませんね。

また、SIMは「povo専用」となっており、auのSIMカードがそのまま届くわけではありませんでした。

iPhone 6sで実際にpovo 2.0を使用してみました

今回はiPhone 6s(iOS 15)でpovo 2.0を利用してみました。

SIMカードをnanoサイズにカットして、iPhone 6sのSIMスロットへ挿入します。本体を再起動すれば、APN設定の必要はなく、アンテナピクトに「povo」の表示が出ます。

この後、

  1. 「povo 2.0」アプリを起動
  2. 「開通手続き」をタップ
  3. SIMカード裏の「PINロック解除コード」をカメラで読み取る

ことで「開通手続き」を行います。手続き後すぐ「開通」します。

povoとUQ mobile通信速度比較

povo 2.0はトッピングしていない場合の通信速度が「128kbps」に制限されています。実際のスピードテスト結果は以下のとおりです。

この速度なら、正直Twitterも厳しいレベルです。UQ mobileの「節約モード」は「300kbps」出るので、実用レベルなのはUQ mobileの方になります。

開通までの注意点

私は今回「新規」で契約したのですが、「povo1.0からの切り替え」「au・UQ mobileからの切り替え」の方の中には、手続きに苦労されている場合もあるようです。

今のところ

  • 1メールアドレスにつき、1回線しか契約できない(複数回線には複数メールアドレスが必要)
  • Gmailのエイリアス(アドレスの後ろに「+文字列」をつける)を登録するとエラーが出る

といった現象が報告されています。

メインの回線を切り替えようとされている方は、十分注意して手続きを行ってください。

実質2日有効「データ使い放題(24時間)」

一回税込330円で利用できる「データ使い放題(24時間)」。

外出時にまとまったデータ通信をしたい場合に、非常に便利なトッピングです。

しかし、このトッピングは名前以上に便利なことがわかりました。なんと実質2日間データ使い放題になるんです。

povo 2.0ホームページより引用

普段はメイン回線を「データ通信量の少ないプラン」に抑えておいて、サブ回線のpovoでいざというときにトッピングする、という使い方が良いですね。

まとめ:「わかりやすい」「手間がない」UQ mobile

このようにpovo 2.0と比較したUQ mobileですが、「一円でも安くしたい」方へpovo 2.0はオススメできます。

逆にUQ mobileは

  • 料金プランがわかりやすい
  • トッピングを都度追加する手間がない
  • 店舗サポートがある

といった部分でpovo 2.0より優れています。

私は携帯電話は「インフラ」としての安定性を求めたいところなので、うっかり契約解除の恐れのないUQ mobileをメイン回線として引き続き利用する予定です。

\ ✅ スマホが1,628円〜/

UQ mobile