ガジェット

夜の赤ちゃんのお世話に。地味に役立つPanasonic LED球ランタン

赤ちゃんのお世話に役に立つものといえば「抱っこ紐」などがありますが、「地味に」役立つものの一つが、「Panasonic 球ランタン」です。

製品としてはシンプルなLEDライトなんですが、絶妙に子育てにピッタリなスペックなのです。

https://panasonic.jp/battery/products/flashlight/lantern.html

そんなわけで、今回は子育ての名脇役「Panasonic 球ランタン」のメリットを紹介していきます。

電池が長持ち

まず、メリットの筆頭として挙げたいのが「電池がメチャクチャ長持ち」という点です。

公称スペックは「明るさ弱の場合、連続約1,1000時間使用可能」となっています。

私は「充電式エボルタ」を使っているので、もう少し連続使用時間は短い印象がありますが、それでも余裕で「1ヶ月」は使用できます。

なぜこんなに長持ちするかというと、「弱い光」を「長時間」キープすることに特化した製品、だから。

アウトドア用品の有名ブランド「コールマン」のLEDランタンとスペックを比較してみると、その差はよくわかります。

Panasonic
BF-AL05N
Coleman
LED 200
明るさ
(光束)
最小
約1 lm200 lm
連続点灯時間約1,100時間約15時間
使用電源単3形乾電池
×3本
単3形乾電池
×4本

「アウトドアである程度の明るさが必要」という場合は、コールマンの製品を選んだ方がいいですね。

一方で、コールマンと比較してパナソニックは随分暗い(1/200)ということもわかります。

しかし、この「明るすぎない明るさ」がメリットでもあるのです。

ほどよい明るさ

「球ランタン」が活躍するのは、主に「ベッドサイド」です。

電池が長持ちするので、「常夜灯」として使うのも良いですね。我が家でも基本的には常夜灯として活躍しています。

また、夜泣きをしたり、授乳をしたり、オムツを替えたりと、「夜間の赤ちゃんのお世話」にも便利です。

明るすぎないので、赤ちゃんを起こしてしまうことも少なくなりますし、かつ大人がギリギリ作業できる絶妙な明るさです。

逆にいうと、キャンプなどのランタンとしては、正直明るさが不足すると思います。その場合は、アウトドアブランドのLEDランタンの方がいいですね。

熱くならない

子どものお世話に際して、明るさ以外にありがたいのが「熱くならない」ということ。

子どもは「不意に動いてしまう」ことがあります。

LEDランタンは子どもの近くで使用することになりますが、その場合でも安心して使用できますね。

総評:「赤ちゃんのお世話」には便利。明るさには注意。

ということで、「Panasonic LED 球ランタン」は、赤ちゃんのお世話に絶妙な明るさ・スペックの商品です。

ただ、正直明るさがある製品ではないです。

真っ暗なキャンプなどでは明るさが不足する可能性があります。

使用シーンを選べば、非常に便利な一品と言えそうです。