UQ mobile

UQ mobileユーザー目線の「OCN モバイル one」のメリット・デメリット

天下のNTTグループであるNTTコミュニケーションズが手がける格安スマホが「OCN モバイル one」です。

通信容量と価格の比較

税込価格UQ mobileOCN
モバイル
one
ahamo
1GB770円
3GB1,628円990円
6GB1,320円
10GB1,760円
15GB2,480円
20GB2,970円
25GB3,480円

こうして各社の料金を比べてみると、OCN モバイル oneの価格帯は、ahamoと重複しないようによく配慮されています。UQ mobileは、OCN モバイルONEとahamoの隙間をうまく狙った設計になっていますね。

あまりスマホを出先で使わず、家にはWi-Fiが整っている、そんな方にはOCN モバイル ONEの方が維持費が安くなります。

通信速度の比較

OCN モバイル ONEとUQ mobileの通信速度について比較してみました。

通信速度は「モバレコ」さんに掲載されている情報のち、特に混み合う「昼間のダウンロード速度」を比較しました。

OCN モバイル ONE → 30.23 Mbps

UQ mobile → 19.67 Mbps

データ引用元:モバレコ

他のサイトでもほぼ似たような傾向で、OCN モバイル ONEは一般的に混み合う昼間でも、比較的快適に通信できそうです。

かつてはdocomo回線の格安スマホは昼間に弱い一方、サブブランドのUQ mobileやワイモバイルは強い、と言われてきました。docomo回線を利用いているOCN モバイル ONEであっても、比較的速度が速いのは驚きでした。

付帯サービスの比較

UQ mobileOCN
モバイル
ONE
ahamo
グローバルIP非対応自動割り当て不明
データ容量
翌月繰り越し
ありありなし
通話無料
オプション
(月額)
770円
10分
935円
10分
プランに含む
5分
かけ放題
オプション
(月額)
1,870円1,430円1,100円

サービス内容としては、UQ mobileとOCN モバイル ONEの間で、大きな差はありません。サービス利用料に若干の差異があるものの、これまで大手キャリアに数千円払っていた人にとっては、それほど大きな差とは言えないですね。

UQ mobileとOCN モバイル ONEで一つ大きく異なるのは「グローバルIP」です。

良し悪しあり?「グローバルIP」対応

グローバルIPが必要なケースは、オンラインゲーム・サーバー・リモートアクセスの一部にサービスを利用する場合です。

日経クロステックの記事によると、集合住宅でスプラトゥーンを快適にプレイしたい、なんてときに必要になることがあるそうです。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/073000116/

では、グローバルIP対応が大正義かというと、そうでもありません。

確定した話ではないものの、「グローバルiP」対応のキャリアではバッテリーの異常消費を引き起こす、という現象が確認されています。

https://king.mineo.jp/reports/90642

グローバルiP対応がバッテリーの異常消費を引き起こす、と断定した情報はありません。

しかし、グローバルIP対応のOCN モバイル ONEもバッテリーの消費が激しい、という報告もあり、留意しておく必要があるかと思います。

私はやっぱりUQ mobile

なるべく安く音声通話付き回線を維持したい、という場合はOCN モバイル ONEは有力な検討候補です。

しかし、「エリアが充実したドコモ回線使用」「安価な料金」であっても、「バッテリーの異常消費」というのはどうしても気になる点です。

特にバッテリー容量の少ない「iPhone SE (第2世代)」や「iPhone 12 mini」のユーザーにとっては、無視できないポイントです。

iPhone SE (第2世代)のユーザーであり、UQ mobileのユーザーでもある私にとって、OCN モバイル ONEは興味深い存在でありながら、やっぱりUQ mobileを選ぶ、というのが私の結論です。