子育て

ピジョンと比較。NUK(ヌーク)哺乳瓶を選んだわけと、替えニップルの選び方

哺乳瓶はいろいろなメーカーから販売されていますが、うちの子どもは「NUK」を使用しています。

えびふらい

幸いうちの子どもは気に入って飲んでくれました。

今回は、

  • 日本の哺乳瓶の定番「ピジョン」
  • ドイツ製のおしゃれなデザイン「NUK(ヌーク)」

を比較しながら、

  • ピジョンと比較して、私がNUKを選んだわけ
  • 非常にややこしい、NUKニップルの選び方

をお話しします。

なお、哺乳瓶を最終的に選ぶのは「赤ちゃん」。

親がNUKを選んでも、赤ちゃんは「ピジョン」を選べば、最終的にはピジョンを選ばざるを得ません。

「ピジョン」派も「NUK」派も、もう一方の情報は知っておいた方がいいですね。

哺乳瓶の準備をしよう

いつまでに購入?

一般的に、出産準備は「出生日の2ヶ月前」までに済ませておくとラクです。

えびふらい

お母さんの体調が比較的安定して、動きやすいからです

何本購入?

「一滴もミルクは使わない!」

と固く決心されている方でも、お母さんの体調によってはミルクを使うことがあります。

えびふらい

私のオススメは「2本」準備しておくこと

そのメリット・デメリットをまとめました。

「2本準備」の⭕️❌
  • ⭕️ 完全ミルク育児でも「辛うじて」運用できる
  • ⭕️ 最初に準備した哺乳瓶が合わなくても、切り替え可
  • ❌ 初期費用が2本分必要

「2本準備」の場合、当然哺乳瓶2本分の費用はかかりますが、完全ミルク育児・哺乳瓶が合わない、と言ったトラブルにもギリギリ対応できます。

もちろん完全ミルク育児の場合、2本では足りません。

が、1本では洗って乾かしてという運用ができないので、実質2本が最低限必要なライン

また、3本以上哺乳瓶を買って

「赤ちゃんが飲まない」→「全部買い替え」

というのは、非常にキツイです。

2本なら損切りできるギリギリのラインでしょう。「買いすぎ注意」です

必要最低限かつ、損切りできるのが「2本」というわけです

ガラス製?プラスチック製?

丈夫で傷がつきにくい「ガラス製」ですが、最大のデメリットは「落とすと割れる」こと。

えびふらい

なあに、私は落とさないよ…

という方も、「毎日毎日」「朝も昼も真夜中も」哺乳瓶を洗っていると、落とすリスクは上がります。

かくいう私も何度か哺乳瓶を落としてしまいました

プラスチック製の哺乳瓶のデメリットとして「傷がつきやすい」ということが挙げられますが、正直今時のプラスチックは結構丈夫です。

むしろ、落としても割れないメリットが大きいです。

えびふらい

やはり「プラスチック製」の方が安心です

今時の食器用洗剤は非常に洗浄力も優秀で、プラスチック哺乳瓶の汚れ落ちに困った経験もないですね。

プラスチック用の食器用洗剤は「キュキュット」がオススメです。

過去に記事も書いておりますので、そちらも参考にしてください。

キュキュット
¥140 (2021/06/22 15:07時点 | Amazon調べ)

哺乳瓶のサイズは?

哺乳瓶のサイズは、100mL以下の新生児用から、200mL以上のものまでラインナップされています。

200mL以上の大きいサイズでも、新生児から使うことができます。

なので最近は、「新生児からいきなり大きいサイズを買う」という方もいます。

えびふらい

200mL以上のものを、長く使った方がオトクです。

「ピジョン」と「NUK」の哺乳瓶の違い

同じように哺乳瓶を販売している「ピジョン」と「NUK」ですが、その売り方は大きく違っています。

一番特徴があるのが、哺乳瓶の飲み口の部分(ニップル)

ニップルは消耗品で、定期的に交換する必要があります。

ニップルも含めた特徴は以下の通りです。

「ピジョン」の哺乳瓶
  • 哺乳瓶の大きさによって、ニップルの大きさが違う
  • ニップルのラインナップは「サイズ」だけ
  • ニップルが比較的色々な店で売っている
  • 「いかにも」なデザイン
「NUK」の哺乳瓶
  • どの哺乳瓶の大きさでも、新生児から使用できるニップル
  • ニップルのラインナップは「サイズ」x「穴の大きさ」
  • 赤ちゃん用品専門店でもニップルが売っていないことも
  • 「オシャレ」なデザイン

完全ミルク育児の場合、消耗品となるニップルが容易に入手できる「ピジョン」の方が便利そうに見えますが、実はそうでもないのです。

ピジョンの落とし穴「いきなり大きい哺乳瓶を買えない」

ピジョンの特徴として、「哺乳瓶の大きさによって、ニップルの大きさが違う」というのがあります。

「大きいサイズの哺乳瓶」→ 高い月齢向けのニップルが付属

ということです。

先ほど「新生児からいきなり大きいサイズを買う」方も、と言いましたが、ピジョンの場合

  • 「大きいサイズの哺乳瓶」
  • 「小さいサイズのニップル」

両方を購入する必要があります。

えびふらい

何かしら、最初に複数買わないといけないんですね

NUKの落とし穴「ニップルの種類が多すぎる」

ピジョンと比べてNUKの場合、どのサイズの哺乳瓶でも新生児から使用できる、というメリットがあります。

えびふらい

最初に買うものはシンプルにできます

一方で気をつけたいのが、赤ちゃんが成長してきた時。

哺乳瓶の種類も、ニップルのサイズも多いので、とにかく「ニップルの種類が多すぎる」のです。

以下にNUKのニップルの選び方を書きましたので、私のように間違えたニップルを買わないようにしてください。

NUKへ決めたわけ

ちなみに私の場合、「ピジョン」と「NUK」のチョイスの決め手は、

えびふらい

妻のデザインの好みです

確かに、それは非常に大事。

NUK哺乳瓶・ニップルの種類

NUKの哺乳瓶・ニップルには相当種類があります。

えびふらい

私は間違った種類のものを買ってしまったことも…

ポイントは

  1. 哺乳瓶の種類
  2. 飲ませたいもの / 月齢の組み合わせ

これらを選ぶことになります。

NUK哺乳瓶の種類

  • ネイチャーセンス (ガラス、ニップルやわらかめ)
  • プレミアムチョイス (ガラス / PP、ニップルに弾力)
  • スタンダード

まず、この3種類からどれに該当するか確認します。

スタンダードの哺乳瓶はほぼ販売を終了しているようで、DADWAYの公式サイトから哺乳瓶を購入することはできなくなっています。

古い哺乳瓶を譲ってもらった場合などに、ニップルだけ新しく購入できるようになっています。

ちなみに私は「プレミアムチョイス」を選びました。

理由としては、シリーズで唯一「PP (ポリプロピレン)」が選択できるからです。

PPのメリットとしては、とにかく軽量ということ。

「ネイチャーセンス・ガラス・240mL」では224gですが、「プレミアムチョイス・PP・300mL」はわずか75g。

PPはキズがつきやすいのがデメリットですが、落としても割れにくく、軽くて扱いやすいので、個人的にはPPで良かったと思っています。

NUKニップルの選び方

続いて、肝心のニップルを選んでいくことになります。

3種類の哺乳瓶で、ニップルのラインナップが異なります。

「月齢」は「ニップル自体の大きさ」が違います。

「飲ませたいもの」によって「穴のサイズ」が変わってきます。

あとは、この組み合わせになってきます。

ネイチャーセンス

月齢
0-6ヶ月
月齢
6-18ヶ月
母乳用 (3つ穴)SS
ミルク用 (6つ穴)MM
果汁用 (9つ穴)L
ネイチャーセンスは穴が複数です

プレミアムチョイス

月齢
0-6ヶ月
月齢
6-18ヶ月
母乳用SS
ミルク用MM
果汁用L
プレミアムチョイスは丸穴です

スタンダード

月齢
0-6ヶ月, 6-18ヶ月
ミルク用S
ミルク用M
母乳・お茶・さ湯用S
スタンダードではニップル自体ワンサイズです

13種類のニップルから落ち着いて選択を

と、いうわけで現行NUKのニップルは13種類も販売されています。

「哺乳瓶の種類」→「月齢」→「飲ませたいもの」

と、落ち着いて選択するようにしてください。

NUKのニップルに関しては、各種オンラインストアでも販売されていますが、DADWAY公式サイトが一番種類が豊富です。

サイズや形状を間違えないためにも、公式サイトからの購入がオススメです。

DADWAY公式サイト