節約

私が「mineo」から「UQ mobile」へ乗り換えたワケ

私は現在「UQ mobile」を使用しています。価格とサービスのバランスがよく、非常に満足しています。

一方で、それ以前は色々なキャリアを使用していました。そのうちの一つが「mineo」です。

非常に個性的な格安スマホ業者「mineo」

格安スマホに興味はあるけれど、しっかりサポートしてくれるか不安。だから結局3大キャリア、という方は結構多いのではないでしょうか。実際MMD研究所の調査では、3大キャリアのシェアは依然として7割以上とみられています。

https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1893.html

格安スマホはサポートが不安、そんな声に「ユーザー同士でサポートしあう」という斜め上の解決方法を提案するのが、「mineo」です。

https://mineo.jp

mineoの運営会社であるオプテージは、関西電力グループです。斜め上の発想をする単なる面白キャリアでもなく、それなりに信頼できる企業ではないかと思います。

mineoは私にとって思い入れのある通信キャリア。グランフロント大阪にオープンしたアンテナショップに、オープン直後に行ってわざわざ契約したりしました。今では店舗がある格安スマホは珍しくないですが、当時としては、格安スマホ業者がアンテナショップをやるのは珍しかったんです。

https://king.mineo.jp/staff_blogs/125

そんな思い入れがあるmineoですが、日頃よく使う携帯電話のキャリアとなると、それはそれ、これはこれです。どうしても気になるポイントがあって、UQ mobileへ乗り換えることにしました。

 今回は、そんな元mineoユーザーが「UQ mobile」へ乗り換えて感じたこと、というお話です。

mineoのここが良かった!

「フリータンク」が使える

「フリータンク」はmineoのユーザー同士で余った通信量を分け合える制度。

通信量が余る → フリータンクへ貯める、
通信量が多い → フリータンクからお裾分け、
ということが可能になっています。

「フリータンク」はmineo独自の、そして最大の特徴である制度ですね。

docomo、au、SoftBank、3キャリアのSIMが使える

今使っている機種はそのままに、大手キャリアから格安スマホにうつりたい、そんなニーズは結構あるのではないでしょうか。「キャリアで購入した、使い慣れたiPhoneをそのまま格安スマホで使いたい」というニーズは典型的でないかと思います。

そんな方にはmineoは便利です。mineoは3キャリアそれぞれに対応したSIMが発行可能だからです。極端に古いiPhoneでなければ、SIMロック解除をすれば、今使っている機種をそのまま使える可能性は高いと思います。実際に使えるかどうかは、mineoのHPを確認してください。

mineoのように3キャリア対応した事業者は、珍しい方です。一般的なのは「docomo回線だけに対応」という格安スマホ事業者ですね。特に、auユーザーやSoftBankユーザーにとっては、mineoはありがたいキャリア、といえるでしょう。

【UQ mobileでは】UQ mobileはau回線のみの対応です。ほとんどの地域で大丈夫だと思いますが、特定のキャリアが家で入りにくい、といった話はたまに耳にしますので、注意が必要です。

「エントリーパッケージ」がおトク 

携帯キャリアとの契約には、契約事務手数料が必要であることが多いです。mineoの場合「エントリーパッケージ」というもの購入すれば、契約事務手数料(3,000円)がおトクになります。

価格のメリットが大きい格安スマホ。どうせなら、節約できるところは節約したいですね。

[amazon asin=”B08295D758″ kw=”mineoエントリーパッケージ”]

mineoのここがイマイチ!

複数のアカウントを管理する必要がある

mineoを便利に利用すると思うと、(1) eoID、と、(2) マイネ王アカウント、の実質的に二つのアカウントを作成する事になります。

単に通信サービスを利用するだけならば、(1)のeoIDだけで良いのですが、mineoの最大の特徴である「フリータンク」などを利用するには(2)のマイネ王アカウントが必要、つまり実質的には2つのアカウントが必須と言えます。

さらに面倒なことには、(1)と(2)それぞれ別のパスワードが必要です。

昨今は「1password」をはじめとしたパスワードマネージャーが普及してきましたが、とは言えアカウントが複数あるのは、やはり煩雑です。なぜ一つにできなかったのでしょうか。

【UQ mobileでは】便利に活用しようとすると複数アカウントを管理する必要があります。回線を利用するだけなら「my UQ mobile ID」だけで良いのですが、KDDIの各種サービスを受けようとすると「au ID」も必要になってきます。どうにか一つにできなかったのでしょうか。

大事なお知らせメールが専用アドレスに届く

コレも大きなめんどくさいポイント。

mineoは「mineo.jpの独自メールアドレス」が無料でもらえる、という一見嬉しいサービスがあります。ところがどっこい、「料金のお知らせ」など大事なお知らせは全て「mineo.jpのアドレス」へ届きます。

普段Gmailを使っている人も、Outlookを使っている人も、追加で「mineo独自のメールアドレス」を管理しないといけません。普段使っているメールアドレスへ、転送設定すれば済む話ではあります。とは言え、迷惑メール対策などを考えると、不要なメールアドレスは増やしたくないものです。

【UQ mobileでは】独自アドレスも、もともと持っているメールアドレスも使えます

昼間の時間帯「遅くなる」との報告も

mineoは、キャリア各社から設備を借りている立場になります。そのためなのか、特定の時間や場所によっては「通信速度が遅い」ということが報告されています。

https://king.mineo.jp/question-answer/データ通信%EF%BC%8F音声通話+データ通信/26886

【UQ mobileでは】各種調査でも本家auに匹敵する通信速度が出ています。私の実感でも「通信速度が落ちた」と感じるシーンは少ない印象でした。

面白いmineo。しかし選んだのはUQ mobileでした

「フリータンク」といった独自の制度があるmineoは面白い通信キャリアだと思います。細かい使い所が改善されれば、「好きな人は好き」な通信キャリア、と言えますね。

私は、サブブランドの安定した通信品質と価格のバランスから、最終的には「UQ mobile」を選びました。皆さんはどの通信キャリアを選ぶでしょうか?その参考になれば幸いです。してください。