子育て

Apricaジュニアシート「エアグルーヴAC」レビュー。座り心地ヨシ!だが、すべり止めシートは必須

道路交通法で着用が義務化されているチャイルドシート。我が家でも第2子が誕生したことに伴い、チャイルドシートを買い足しました。

今回購入したのは「Aprica エアグルーヴAC」というもの。

大手メーカー品ということもあり座り心地は良いですが、「すべり止めシート」は併用した方がいいな、という印象です。

ジュニアシート?チャイルドシート?

道路交通法上は「幼児用補助装置」の着用が着用が義務づけられているわけですが、幼児用補助装置というのが「いわゆるチャイルドシート」です。

チャイルドシートにも種類があり、詳しくは「All About チャイルドシートの種類・違い・法律」という記事を見ていただきたいですが、ざっくりいうと、成長段階によって以下のような名称が使い分けられています。

  • ベビーシート (新生児~1歳ごろまで)
  • チャイルドシート (1歳ごろ~4歳ごろまで)
  • ジュニアシート (4~10歳ごろまで)

また、メーカーによっては「ベビーシート兼チャイルドシート」といった兼用タイプも豊富です。子どもが成長しても長い期間使えるので、うれしいところ。

私が購入した「エアグルーヴAC」は、「チャイルドシート兼ジュニアシート」という役割になっており、「1歳ごろから11歳ごろ」まで使用することができます。

以前「ベビーシート兼チャイルドシート」になる「Combi クムルーヴ」を購入しました。我が家では、「クムルーヴ」を下の子どもへ譲り、上の子は「エアグルーヴAC」を使用する、という作戦です。

以前購入した「クムルーヴ」はISOFIX固定になりますので装着は簡単でしたが、今回の「エアグルーヴAC」はシートベルトで固定するタイプです。

「ISOFIXタイプのジュニアシート」というのも無くはないのですが、対象年齢が低めになってしまうのがデメリットです。

「シートベルト固定」の場合、子どもが大きくなった時有利です。その際はパーツを外して、それまでジュニアシートを固定していた「車側のシートベルト」を外します。そして「車側のシートベルト」と一部のパーツで子どもの身体を固定してあげることで、大きい子どもへも使うことができるわけです。

「エアグルーヴAC」の外観

実際に「エアグルーヴAC」を我が家の車へ装着してみました。説明書の記載が非常にアッサリしているので、シートベルト固定は若干手こずりました。

我が家の車へも、シートのリクライニングを調整することでピッタリフィットしました。

シートへの装着時に座面の感触を確認してみましたが、程よい硬さで通気性もよく、シートとしては非常に良い座り心地でした。

一方で気になったのが「左右方向のズレは無いが、前後方向のズレに弱い」ということです。

「エアグルーヴAC」とあわせて使いたい「シートプロテクター」

チャイルドシートの擦れによる車のシートの傷を防ぐとともに、チャイルドシートのズレを防止してくれるのが「シートプロテクター」です。

通販サイトでは非常に多くのメーカーから販売されていますが、私はある程度の評価が多かった「TMJ シートプロテクター」をチョイスしました。

TMJ(ティーエムジェイ)
¥1,691 (2021/08/15 10:25時点 | Amazon調べ)

私は安かったブラウンを選びましたが、車のシートに合わせた色をチョイスした方がいいでしょう。

実際に「エアグルーヴAC」の下に敷いてみました。

シートを敷くことで「前後方向のズレ」は殆どなくなりました。これで前後左右のズレはほとんどなくなり、シートがかなりガッチリ固定されました。

また思わぬメリットとしては、子どもの足が当たる部分も「シートプロテクター」でカバーできていることですね。

まとめ:安定のAprica。シートプロテクターもあわせて

やはり大手メーカーのAprica製ということもあり、「子どもの成長にあわせて長期間使える」だけでなく、シートとしての座り心地はさすが、と感じました。

「前後方向にズレやすい」という問題もありましたが、「シートプロテクター」でほとんど解消できました。

何より、実際子どもに座ってもらったところ、非常に座り心地も良く満足げだったので、購入してよかった一品になりました。

TMJ(ティーエムジェイ)
¥1,691 (2021/08/15 10:25時点 | Amazon調べ)