Apple

iPad Pro(11インチ、12.9インチ、2021)のケース・保護フィルムを、Apple歴20年のユーザーが選ぶ

iPadは「軽快さ」を生かした運用をオススメしている私。

2021年版のiPad Proには、

  • ケース「Apple Smart Folio」
  • 保護フィルム「エレコムファインティアラ」

を選びました。

はじめに

iPad Pro (2020)は、2020年の後半にほぼ同等スペックの「iPad Air 4」が発売されたことで、微妙な立ち位置になっていました。

2021年中にiPad Proのスペックアップは予想されていましたが、2021年4月に発表された新型は驚きのスペックでした。

というのも、iPadシリーズにこれまで搭載されていたモバイル機器用チップ「Aシリーズ」ではなく、MacBookやMac miniに搭載されている「M1チップ」を搭載してきたからです。

もはや「iPadの形をしたPC」と言っていいほど、パワフルな一台に仕上がっています。

「PC並みのスペック」とはいえ、iPadは「らしさ」を生かした運用をした方が、幸せになれると私は思っています。

今回はそんな「iPadらしさ」を生かせるアクセサリーをチョイスしてみました。

ケースについて

ケースはほとんど迷うことなく、純正のSmart Folioをチョイスします。

純正Smart Folioが優れている点は、

  • 画面側も保護してくれる
  • 重くなりすぎない
  • 値段相応の質感

ですね。正直Apple純正ケースは値段が高いのがネックですが、その分毎回満足度も高いです。

iPad Air 4の純正Smart Folioについては、以前レビューを書いておりますので、参考にしてください。

iPadを、文章作成などのクリエイティブ作業にバリバリ使いたい!という方もいるかも。

その場合に候補に挙がってくるのが「Magic Keybord」です。

しかし、かなりの重量感のあるMagic KeybordはiPadのフットワークの良さを生かせない、と思っています。

iPad Pro (12.9 inch, 2021) + Magic Keyboard = 約1.4kg

MacBook Air (M1, 2021) = 約1.3kg

キーボードを常時使用するならば「MacBook Air」の方が軽いです。

ゴリゴリとキーボードを使うような作業なら、やはりMacの方がオススメですね。

以前記事にも書いておりますので、そちらもぜひご覧ください。

保護フィルムについて

iPadで一般的な画面の保護フィルムというと、

  • ペーパーライク保護フィルム(樹脂製)
  • ガラス製の保護フィルム
  • 樹脂製の普通の保護フィルム

大きくこの3種類です。

ペーパーライク保護フィルム
  • 紙のような引っかかりがあり、Apple Pencilが使いやすい
  • 画面が滲む
  • 指やApple Pencilが削れる

「ペーパーライク保護フィルム」がよく推されますが、デメリットがどうしても気になり、私の候補からは外しました。

特にiPad Proの12.9インチは、新たに「ミニLEDディスプレイ」を採用しています。

このディスプレイは「目の覚めるようなHDR体験」と謳われており、Appleもその画質にはかなりの自信を持っているようです。

一方で、「ペーパーライクフィルム」といったApple Pencilでの書き味を向上させるフィルムは、画面がどうしても見にくくなってしまうのがデメリットです。

そんな私がiPadで利用しているのが

エレコムのファインティアラ保護フィルム

です。

エレコム・ファインティアラ保護フィルム
  • 樹脂製でありながら、非常に透明度が高い
  • 樹脂製なので軽量
  • 樹脂製フィルムとしては、価格はお高め

私の使った感想としては、比較的丈夫で満足度も高いです。価格なりの性能はあるかなと。

詳しくはレビューを書いておりますので、そちらをご覧ください。

最後に紹介するのはガラスフィルムです。

ガラスフィルム
  • 保護性能は譲れない方にオススメ
  • 樹脂製フィルムと比べると重い
  • Apple Pencilのペン先がすべって、使いにくいことも

ガラスフィルムとしては、コスパの高いNimasoのものがオススメできます。

ガラスフィルムの場合問題になってくるのが、「Apple Pencil」のペン先が滑る問題。

この解決方法として、ソフトタイプのペン先に交換する方法が、各所で紹介されていますので、参考までに。

せっかくの美しいディスプレイを搭載したiPad Pro。

ファインティアラの保護フィルムや、画質の劣化が少ないガラスフィルム + Pencilのペン先交換、と言うのが、より良い方法でしょう。

最後に

ということで、「iPadの軽快感」を生かした、私のケース・フィルムのチョイス紹介でした。

今回は私なりのチョイスでしたが、

  • キーボード付きケースでゴリゴリ文章を書く
  • パワフルなスペックを活かして画像編集や動画編集

といった使い方も、もちろんiPad Proは可能です。

まさに「Pro向け」の要望に応えてくれる一台ですね。