Apple

子育てでありがち「iPhoneのストレージがいっぱいです」。iCloudの有料プラン+ファミリー共有が便利

子育てをしていて、バンバン写真やビデオを撮っていたら、

えびふらい

iPhoneの容量がいつの間にかいっぱい!

なんて経験をされた方、結構いるのではないでしょうか。

そんな方にオススメしたいのが、「iCloudの有料プラン」+「ファミリー共有」です。

そのメリットは

  • iPhoneならばカンタンに設定できる
  • コスパも悪くない

という点です。

各社ストレージプランの「料金」を比較

iPhoneで利用するクラウドストレージで、有名どころ

  • Apple
  • Google
  • Microsoft

の有料ストレージプランを比較してみました。

Apple
iCloud
Google
One
Microsoft
OneDrive
5 GB0円0円
15 GB0円
50 GB130円
100 GB250円224円
200 GB400円380円
1 TB1,284円
2 TB1,300円1,300円

正直なところ、価格差は各社でそれほど無いですね。

とはいえ、「クラウドストレージにお金払うの?」という方もいるかも。

特に私のようなオジサンの場合

えびふらい

いっそのこと外付けドライブの方がコスパいいのでは?

なんて思うこともあります。

しかし、今時の外付けSSDは500GBくらいで安くて6,000円くらい。

1年あたりのコストで言うと、クラウドストレージが格段に割高でもないんです。

iCloudのストレージ購入方法

iCloudのストレージは、iPhoneからも行うことができます。

  1. 「設定」アプリをひらく
  2. 「iPhoneにサインイン」または名前を選択
  3. 「 iCloud」を選択
  4. 「ストレージを管理」を選択
  5. 「ストレージプランを変更」から購入します。

はじめての場合は「50GB 130円」のプランでもいいのですが、「200GB 400円」のプランは「ファミリー共有」が使えるので、私としてはこちらがオススメです。

家族にありがたい「ファミリー共有」

iCloudの有料プランを契約する上で便利なのが「ファミリー共有」です。

ファミリー共有では、200 GB または 2 TB のストレージプランの場合、家族(最大5人)で容量をシェアできます。

5GBでは足りないけれど200GBは多すぎる、という場合も家族で200GBプランをシェアすれば、コストは同じくらいになります。

  • 50GBプラン x 3人家族 → 130 x 3 = 390円
  • 200GBプランを家族でシェア → 400円

オススメなのは、「ITに詳しい家族」が200GBまたは2TBプランを契約して、「ITがよくわからない家族」へシェアするパターン

そうすれば、「ITがよくわからない方」も面倒な操作や料金支払いの手間なく、ストレージ容量を拡張できます。

また、同様の仕組みはGoogle Oneにもありますので、Androidユーザーの方はそちらを利用すると良いです。

iCloudの追加ストレージ料金は「iTunesカード」で支払いたい

iCloudの追加ストレージ料金は、

  • クレジットカード
  • iTunesストアカード

利用できます。

えびふらい

私のオススメは断然「iTunesストアカード

その理由は、キャンペーンを利用して家電量販店で購入するのがお得だから。

家電量販店では頻繁に

「iTunesカードの購入金額について、10%分のボーナスをプレゼント」

というキャンペーンを実施しています。これを利用したい。

還元率の高いクレジットカードであっても、せいぜい3%といったところなので、このキャンペーンは大きいです。

また、iTunesストアカードを購入するのは「ヨドバシカメラ」で「ポイントを利用」して購入するのがオススメです。

家電量販店でお得なポイントですが、実は注意点があります。それは、

ポイントで家電を購入すると、ポイント購入分にはポイントがつかない

ということ。

例えば3,000円(10%ポイント付与)の家電を購入する場合、全額ポイント払いなら「10%分の300ポイント」をもらい損ねてしまうんです。

なので、ポイント払いするのは「ポイント付与対象外」の商品がお得。

「ポイント付与対象外」の商品の一つが「iTunesカード」なんです。

ちなみに「ビックカメラ」ではポイントでiTunesストアカードを購入することはできません。

iCloudストレージ料金をお得に支払う方法
  • クレジットカードではなく、iTunesストアカードで支払い
  • iTunesストアカードを「ヨドバシカメラ」で「ポイント支払い」

iCloudなら、いざと言うときのバックアップになる

子育てでありがちなのが「不意にiPhoneを破損してしまう」こと。

大人だけで生活している場合と違い、子どもとの生活ではiPhoneを落下させたり破損させたりするリスクは高くなります。

iPhoneが壊れて大事な写真データが取り出せない、と言うのはあまりに悲しいですね。

iCloudはクラウド上にデータをバックアップしておけるので「いざと言うときのバックアップ」にも最適です。

iPhoneを利用されている方でも、iCloudへのバックアップを利用されていない方はしばしば見かけます。私はiCloudの利用を熱くプッシュしたいですね。

「iCloudの有料プラン」+「ファミリー共有」で大事なデータを守ろう

今回はiPhoneを利用している人でも、活用していない方もいる「iCloudの有料プラン」と「ファミリー共有」のお話でした。

データは無くして大事さがはじめてわかる面もあります。無くす前の備えをiCloudで行って欲しいですね。