ガジェット・家電

電動歯ブラシはパナソニック 「ドルツ」を選んだワケ。ソニッケアー、オーラルBとも比較。

現代人は誰しも、毎朝歯を磨くと思います。慌ただしい朝を助けてくれるのが「電動歯ブラシ」です。

メジャーどころでは、

  • Philips (フィリップス) 「Sonicare (ソニッケアー)」
  • BRAUN (ブラウン) 「Oral B (オーラルB)」
  • Panasonic (パナソニック) 「Doltz (ドルツ)」

あたりが良く挙げられますね。

一方で、各社が各社をディスりあっているおかげで、私はどれを選んだらいいか、良くわかりませんでした。そこでいっそのこと、3社とも使ってみることにしました。

最終的な決め手は「替えブラシ」のコスパで、パナソニック「ドルツ」を選びました。その顛末を書いていこうと思います。

最初に各社エントリー機のコスパまとめ

本体価格本体重量替ブラシ替ブラシ
(1本あたり)
フィリップス
ソニッケアー
HX6819/36
6,400円100g台4,791円
(5本)
約954円
ブラウン
オーラルB
DB4510NE
841円92g1,873円
(2本)
約937円
パナソニック
ドルツ
EW-DM62-W
5,164円55g1,618円
(6本)
約269円

各社のエントリー機で比較すると、パナソニック・ドルツのコスパの高さが目立ちますね。ブラウンのオーラルBに至っては、本体より替ブラシの方が高いという、よくわからない状態になっています。

各社のエントリー機を使用した感想は以下の通りです。

替えブラシが高価「フィリップス ソニッケアー」

「12年連続で日本の歯科医・歯科衛生士の使用率ナンバーワン」というふれこみの「フィリップス ソニッケアー」。プロが選ぶなら、よっぽどハズレはないだろう、と思いはじめに試してみたのがコチラでした。

私の雑な手磨きより、短時間で断然キレイになるのはメリットでした。

しかし、そう思って使い始めて3ヶ月。替えブラシの交換時期になって、別の意味で驚くことになります。

なんと、替えブラシが1本1,000円近くします。

以前はもう少し安かったのですが、じわりじわりと値上げを続けて、こんな値段になってしまいました。

Amazonなどでは安価な互換品も販売されていたりしますので、そちらを利用する手もあります。しかし、口の中に入れるものなので、品質その他が気になってします。長期的にみたコストパフォーマンスは良くないですね。

ヘッドがゴツい「ブラウン オーラルB」

続いて使用したのが「ブラウン オーラルB」です。

ソニッケアーや、後で紹介するドルツは音波水流で洗浄するタイプですが、オーラルBは回転するブラシで磨くタイプです。

ソニッケアーの替えブラシの値段で、オーラルBのエントリーモデルが買えます。やはり、ソニッケアーの替えブラシの高さが目立ちます。オーラルBはエントリーモデルからハイエンドモデルまで、本体・価格のラインナップが幅広いです。この点は「○」ですね。

個人的にイマイチだと思ったのは、グリグリ回転するヘッドが大きいこと。ブラシが回転するためには、どうしても動作するパーツが必要です。そうすると、どうしてもヘッドのサイズが大きくなってしまうのは、しょうがない部分もありますね。

私は歯医者さんに「もっと大きく口を開けてください」としょっちゅう言われます。大きく口を開けるのは、どうやら苦手なようです。そんな私には、オーラルBは不向きだったようです。

行き着いたのは「パナソニック ドルツ」

フィリップス、ブラウンと渡り歩いて、行き着いたのはパナソニック ドルツでした。なんだかんだで、日本メーカーの製品は使いやすかったですね。

その中でも私が選んだ機種は「EW-DM-62」というものです。この機種のメリットは、55 gと非常に軽量である点。

磨く能力については、同じ音波式であるSonicareと遜色ないように個人的には感じました。

パナソニック(Panasonic)
¥5,455 (2021/05/29 10:33時点 | Amazon調べ)

また、替えブラシも比較的安価です。歯ブラシは毎日使うもの。軽量で扱いやすく、消耗品がリーズナブルなのは、非常に大きなメリットかと思います。

ドルツ EW-DM-62の「×」としては、充電時間が17時間と長いこと。ただ、この機種はエントリーモデルなので、何でもかんでも求めるのは酷かもしれませんね。上位モデルは1時間で充電できるものもあるので、気になる方はそちらがオススメです。

パナソニック(Panasonic)
¥21,000 (2021/05/29 10:34時点 | Amazon調べ)

というわけで、私はパナソニック「ドルツ」を選び非常に満足しています。というお話しでした。