Apple

私がiPad Air (第4世代)にApple Pencilを使っていない理由

「iPadの必需品!」と言うことで、各種レビューで紹介されることの多い「Apple Pencil」。

Apple(アップル)
¥15,286 (2021/05/29 15:12時点 | Amazon調べ)

「2万円近くと高価」「利用シーンが思い当たらない」ということで、私がiPad Air(第4世代)(iPad Air 4)を購入したときには、Apple Pencilの購入は見送っていました。

そして、iPad Air 4を導入して4ヶ月ほど、結局Apple Pencilが無くてもなんの不自由もないまま、今日を迎えています。

今回は私が「Apple Pencil」を使っていない理由を考えてみました。Apple Pencilの購入を迷われている方の参考になればと思います。

iPadの主な使用目的が「ビューワー」

私のiPad Air 4の主な使用目的は「YouTube」「dマガジン」「Safari」「Twitter」。

つまり「見る」目的がほとんどなんですね。

また、Magic KeyboradやSmart Keyboard Folioを導入していません。キーボードでたくさん文字入力することもほとんどありません。

過去記事:キーボードは不要!私がiPad Air 4 Smart Folioを愛用する理由

Twitterの投稿や、コメント程度なら、iPadのソフトウェアキーボードで十分です。「クリエイトする」と言う目的には、あまり活用していないですね。

実際このブログを書いたりするのにはMacBook Proを使っています。

iPadもかなりできることが増えました。が、画像を加工してブログに貼り付けて、長文の文章を書く、といった作業はやはりMacの方がやりやすいです。

ブログを書く、といった比較的マシンスペックを要求されない作業であっても、色々アプリを切り替えたりする必要が出てきます。

iPadOSでは、アプリの切り替えがまだまだ洗練されていないんですよね。この辺りがブログ制作に使いにくいです。

絵を描かない

これもApple Pencilを使わない、かなり大きな理由です。

そもそも絵を描かないので、Pencilの登場シーンがないんですね。

子どもが大きくなって、絵や字を書くようになったら、また違ってくるかもしれません。

iPadのアプリを使えば、色や太さがさまざまなペンを使い分けることができて、創作も楽しくなりそうですからね。

子どもが使う場合を考えると、華奢なApple Pencilよりも、「ロジクール Crayon」のような頑丈な製品が良さそうです。

ガッツリ写真のレタッチもしない

私のブログの画像は、iPad Air 4で撮影し、Adobe Lightroomでレタッチして仕上げています。

もうちょっと慣れてきたら、色々加工してみたいと思うのですが、現状は色味を整えてノイズを減らす程度です。

本格的に写真の加工をするとなったら、Apple Pencilで細かい部分の操作ができるので良いかもしれないですね。

ただ、今はAdobe Creative Cloudの料金をペイできる雰囲気は全くないので、時期尚早かと思います。

迷ったら一旦保留、も全然アリなApple Pencil

ここまで述べたように「ガッツリ絵を描く」「バリバリ写真のレタッチをする」と言う方は、Apple Pencilを導入した方がいいでしょう。

それ以外の目的でiPadを使う方は、慌てて買う必要はないかと思います。

Apple Pencilよりも、必須となってくる「保護フィルム」や「カバー」に費用をかけた方がいいですね。

私は「Apple Smart Folio」に「エレコム ファインティアラ」の組み合わせを使っています。

過去記事:Apple Smart Folio (iPad Air 4) レビュー。軽快で質感ヨシ!

過去記事:iPad Air 2020に最適「エレコム 超透明 液晶保護フィルム (ファインティアラ)」。約1ヶ月後レビュー。

非常に軽快で質感も良いので、お気に入りの組み合わせです。それぞれ過去に記事にしておりますので、そちらもぜひ。

デバイスとしての出来は非常に良いものの、人によって合う合わないがある「Apple Pencil」。ぜひこの記事を購入の参考にしてください。