Apple

AirTagケース・保護フィルムを、Apple歴20年のユーザーが選ぶ。MAMORIO・Tileとも比較

噂だけが先行していたAppleの紛失防止デバイス「AirTag」。ついに発表されました。

日本では「MAMORIO」が、世界では「Tile」が先行していた「スマートトラッカー」ですが、「AirTag」がその他を終了させかねない存在になっています。

そこで、AirTag・MAMORIO・Tileの性能比較、そしてAirTagにオススメのアクセサリを今回は紹介します。

AriTag、MAMORIO、Tileの比較

各社のデバイスを表で比較してみました。

MAMORIO、Tileは複数種類のモデルがリリースされていますが、AirTagと近い価格帯のものを選びました。

AirTagMAMORIOTile Mate
(2020)
商品サイズ(mm)31.9×31.9×835.5×19×3.535×35×6.2
防水機能防水(IP67)なし防滴(IP55)
スピーカーありなしあり
商品重量11 g3 g6 g
バッテリーCR2032リチウム電池
(有償交換)
CR1632
電池寿命1年以上約1年約1年
価格(税込)3,800円2,728円2,480円
専用アプリ不要必要必要

「高い」と言われるApple製品ですが、実際比較した3つの中では「AirTag」が一番高価です。

しかし、差額は最大でも1,500円以下なので、AirTagの割高感はそれほどないですね。

他社と比較して、AirTagはこんな特徴があります。

  • 高い防水性能(IP67)
  • スピーカー内蔵
  • バッテリー交換可能
  • 世界中のAppleデバイスが、AirTagを探してくれる

他社製品と比較して、弱点は確実に潰してきましたね。

そしてAirTag最大の特徴が「ユーザー数が格段に多い」と言うことです。

スマートトラッカーは、ユーザー同士のデバイスでトラッカーを探してくれる、という機能があります。

MAMORIOならMAMORIOのユーザー同士で、TileならTileのユーザー同士で、なくしものを探してくれます。

ユーザー同士で探してくれるのはAirTagも同様ですが、AirTagの場合ユーザーは「世界のApple製品ユーザー」になり、その数はMAMORIOやTileより「はるかに多い」です。

それだけ忘れ物が発見されやすい、と言うことです。

AirTagに選ぶケース・保護フィルム

AirTagのケースとして最初に選ぶのが、Apple純正のレザーケースです。

Apple(アップル)
¥4,500 (2021/06/05 14:44時点 | Amazon調べ)

Appleの純正ケースは毎回非常に質感がよく、所有する満足感が得られる一方で、正直お値段はお高め。

過去にiPad Airの純正ケースのレビューを書いていますので、参考にしてください。

安価なケースとしては、Belkinのものが候補になります。Belkinは長くApple製品のアクセサリを販売しており、Appleストアでも取り扱いがある会社です。

サードパーティーのケースが充実しているのもApple製品のメリットの一つですね。

保護フィルムは、私も愛用しているNIMASOから、リリースされています。

NIMASOは「安価」ながら「ソコソコ」の品質の製品で、各種レビューの評価も上々です。

私は以前iPhone SE(第2世代)の保護ガラスをNIMASOから購入しましたが、非常に満足できましたので、参考にしてください。

迷子の追跡には使えない?

子育て中の方にとって気になるのは、AirTagが「迷子の追跡」に使えるか、ということ。

えびふらい

広いショップで迷子になった時、AirTagで追跡できたら便利そうですが…

ところが、Appleが発表したリリースには、

ユーザーがiOSデバイスを持っていない場合でも、持ち主から離れて一定の時間が経ったAirTagは、移動した時に音を鳴らして注意を促します。

Apple Newsroomより

といったような記載がありました。

やはりAirTagは「持ち主の身近にあるモノ」に取り付けるもの、と言えそうです。

私は現物が発売されてレビューが出揃ってから、購入を検討しようと思います。

Apple(アップル)
¥3,800 (2021/05/29 14:27時点 | Amazon調べ)

情報元:Apple